iPhone7Plusがピッタリ入るABOATスポーツアームバンドをレビュー

ABOAT様より、ラインニングの時にスマホを腕に固定できる「ABOAT スポーツアームバンド」をご提供いただきましたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
記事内広告

ABOAT スポーツアームバンド 開封

では「ABOAT スポーツアームバンド」をチェックしていきたいと思います。

IMG_2299.JPGパッケージはこんな感じ。スポーツアームバンドってなっていますが、主にウォーキングとランニングに使用するのでこんな感じのパッケージになってるんですね。上側に汚れているように見えるかもしれませんが、デザインです。
IMG_2300.JPGパッケージ裏はこんな感じ。使用上の注意事項が記載されています。
IMG_2301.jpg同梱品はスポーツアームバンドとメッセージカードのみ。

IMG_2303.JPGなにやらAboat会員プログラムなるものがあるようです。気になった人は右下に記載の連絡先からアポとって見てください(shipaboat@yahoo.com)
IMG_2304.JPGこのアームバンドは上側からスライドしてスマホなどのデバイスを入れる仕様になっています。落下防止用にマジックテープがついていますし、返し状になっているので、簡単には落下しないようになっています。
DSC_1088.JPGアームバンドのバンド部分には鍵が入るスペースが用意されています。
DSC_1087.JPGサイズ感はiPhone7Plusをケースなしにギリギリ収納できる程度となっています。逆にいうと、iPhone7Plus以下のスマホなどは収納可能ということになりますね。5.5インチスマホ以下が対象機種になるかと思います。

DSC_1089.JPG

スマホを入れる部分の上下にはこういった切り込みがあります。イヤホンなどを通すことができるので、有線で音楽を聴きながら運動をする場合には使えそうですね。私はAirPodsを使っているので、コードレスですけども。。

ABOAT スポーツアームバンド レビュー

実際にランニングをする際に使用してみました。コースはいつもランニングしているコースで3km強のコースになります。使用時間は15分程度になりますが、適度に締めておけば、体にフィットするので、腕からズレ落ちる心配はありませんでした。

鍵も一緒に持ち運ぶことができるので、おサイフケータイ機能があるスマホやApple Pay対応のiPhone7を入れておいて、それプラス鍵だけで気軽にランニングに行けるのはいいですね。

防水性能は試せていませんでしたが、素材的に撥水性能はそこそこありそうな印象。

画面部分はビニールっぽい素材になっているので、スマホを収納している状態での操作感はあまりよくありません。またiPhone7Plusは感圧式のホームボタンになっている影響で、収納している状態では電源オンにはできません。横の電源ボタンを押して、画面が起動したらパスコードを入力する必要がありますので、そこは注意が必要かな。

というのか、操作するときはアームバンドから外した方が操作しやすいです。

まとめ:とりあえずめちゃ安い。

記事執筆時の値段が999円。千円切っています、めちゃ安い。

スマホと鍵だけ突っ込んで運動したい!という人にピッタリかと思います。

在庫状況は以下よりチェックしてみてください。