充電しない時はスッキリデザイン「Anker PowerCore Case for iPhone7」

ライトニング端子を常時覆わないスッキリデザインな「Anker PowerCore Case for iPhone7」が発売開始です!ご紹介します。

スポンサーリンク
記事内広告

Anker PowerCore Case for iPhone7

AnkerからはiPhone用のバッテリーケースがすでにリリースされていますが、今回のAnker PowerCore Case for iPhone7はiPhone7及びiPhone6,6sもマルチで対応したバッテリーケースになっています。

iPhone7と6シリーズの大きなデザインの違いはイヤホンジャックの有無、サイズの若干の差異、それと一番の違いとなるカメラ部分のエリアとなっていますが、前者二つは殆ど影響しない範囲の違いですので無視できました。

しかしカメラ部分はどうしても大きさ(出っ張り)が違うので、iPhone6と7のケースは互換性がありません。

Anker PowerCore Case for iPhone7はカメラ部分を大きく隙間を設ける事で、この問題を解消しています。「for iPhone7」となってはいるものの、実質「Anker PowerCore Case for iPhone」と言ってしまってもいいかも。

なお、iPhone7Plus版のリリースはされていません。

(元々iPhone7よりバッテリー容量が多いので稼働時間が長いため大手メーカーさんからはリリースされていないないのが現状。)

Apple MFi 認証、厚み6ミリ増でにバッテリー180%増

Apple MFi 認証に対応している製品になるので、安心して充電に使えます。6ミリ厚みが増してしまいますが、2200mAhものバッテリーを搭載しているので、駆動時間は8割増し。動画、ブラウジング、音楽再生など7時間から11時間程度、バッテリーライフが延長できるとしています。

ゲームをよくやる人も8割増しのバッテリーライフなら安心ですね。

ケースの素材

シリコン製となっており、ケースの脱着がし易いようです。私は家から帰ってきたらケースは家用に必ず変えるので、脱着し易いケースは、ケースを選定する上で重要事項。

ライトニング端子を常時塞がないデザイン

PowerCore Case for iPhone7はバッテリーケースでよくある「ライトニング端子を塞ぐ」形状ではありません。

常時解放しており、充電が必要な時に、ケースに内蔵された充電用ケーブルを出して充電する、スタイルになっています。

これによりイヤホンジャックを搭載しているiPhone6シリーズでも充電をしつつ、イヤホンが有線接続可能となっています。

まとめ

充電する時、ケーブルが少し野暮ったく見えるものの、ケーブル長さは最小限に抑えられているし、縦方向の端末サイズ増加が抑えられるのは良いですね!

記事執筆時、3999円で発売中!