Apple Watch 3はデザインそのまま、LTE対応、電話番号はiPhoneと共有使用となるかもしれない。

9月12日にとうとう新型iPhoneが発表されますね。

Apple Watchの新型も同時発表されるとリークされていますのでチェックしておきたいと思います。

スポンサーリンク
記事内広告

新型Apple Watch 3はデザインに大きな変化なく、LTEに対応か。

9to5macによると、iOS 11(GM)の解析により、LTE対応のApple Watch 3の存在を発見したとのこと。

上記の動画をみてもわかる通り、スペースグレーのApple Watchそのものの外見。少し目を引くのはデジタルクラウンのレッド。この赤は何を意味するのか。少し気になります。

外見は変わっていないことから、これまでのApple Watch専用バンドはそのまま使えるかもしれません。iPhoneは大体2年に一度、デザインを大きく変えてきました。(iPhone6シリーズ以降はだいぶ鈍化している印象ですが・・・)

Apple Watchは3年目ということですが、デザイン刷新サイクルはどれくらいになるのか、全く読めませんね。

あと気になるのは左上の受話器のマークLTEに対応したことにより、単体でモバイルネットワークに接続できる上に、通話もApple Watch単体で可能になりそう。

電話番号はiPhoneのものが共有されるとのことなので、どういった仕組みなのか

興味深いです。

僕は今第1世代のApple Watchを使用しています。

第2世代のApple Watch series 1と2で動作が改善したという話も聞くので、Apple Watch 3もさらに快適になる可能性がありますね。

LTE対応によるバッテリーライフがどう両立しているのか。Appleの腕が試される感じでしょか。