Apple Watchオススメの充電器、Oittm キーホルダー型Apple Watch用モバイルバッテリーをレビュー!

第1世代Apple watchやApple Watch series1/series2にも対応した、Oittmからリリースされている「キーホルダー型Apple Watch用モバイルバッテリー」がかなり使えるのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
記事内広告

oittm「Apple Watch用モバイルバッテリー」 開封&製品チェック

では見ていきましょ。

IMG_1436.JPG

パッケージはこんな感じで、商品が丸見えです。

IMG_1437.JPG

背面にはApple Watchに装着しているイメージ画像が。 IMG_1438.JPG

同梱品は説明書と本体だけなので、さくっと本体を見ていきます。

純正充電器とさほど変わらない大きさに纏まっており、キーホルダー型というだけあって、衣類などにひっかけれるフック?的なものが付いています。
IMG_1440.JPG

充電方法はmicroUSBとなっています。

Apple Watchを使用している人はiPhoneユーザーであること考えると、ここはLightningケーブルでの充電の方が良かったようにも思います。

IMG_1442.JPG

キーホルダー部分です。
IMG_1444.JPG

この製品の特徴の1つであるモバイルバッテリー機能ですが、容量は700mAhで出力は5V0.4Aとなっています。

IMG_1446.JPG

電源ボタンがあるので、これを長押し充電開始。

4つのLEDランプが光るので充電が開始したかどうかはわかりやすいです。

実際に使ってみた感想

IMG_1450.JPG

Apple Watch(第1世代)に装着してみたところ。

本体が軽いだけあって、Apple Watchの充電部の磁石の力だけでくっつきます。これは非常に便利、コードレスだし。

IMG_1453.JPG

推奨はされないでしょうが、モバイルバッテリーに充電しながら、Apple Watchへも純電が可能

Apple Watchの充電マークを見る限り、優先的にApple Watchに充電がされているようです。

まとめ

個人的にこの製品かなり気に入っています

本体のモバイルバッテリー容量は700mAh。
モバイルバッテリーからの電力効率はだいたい0.7を掛けた値が実際充電できる容量とも言われているので、それで考えると490mAh分の充電機能があると考えて良いと思います。
Apple Watchのバッテリー容量は第1世代が246mAh、第2世代は334mAhとも言われているので、だいたい1.5回分の充電は出来そうです。
実際にこのモバイルバッテリー単体で充電しましたが、1回は確実に充電できています
その時のLED表示(バッテリー残容量)は3/4でした。
モバイルバッテリー側の電池容量が空になるまで使い込めていないですが、感覚的にはあと1回は充電出来るのではないかと、踏んでいます。

あとは価格の点だけ少し触れておきます。

純正の充電器はケーブル長さの違いはあれど、4000円程度で発売されています。

対してこの製品はモバイルバッテリー機能が搭載されて現在5800円程度になっています。(このレビューで紹介しているのは提供品ですが、提供時の価格は4800円なので若干値上がりしてる?)

決して安くはない価格設定ですが、ケーブルレスでモバイルバッテリー機能があり、汎用性の高いmicroUSBケーブルで純正品と同様の充電方法がとれる本製品は非常に魅力的

気になる人はAmazonにてチェックしてみください。

合わせてmicroUSB&Lightningケーブルを1本買っておくと捗りますよ。