Spigen、Apple Watch STANDを購入!【レビュー】

今回はSpigenさんで発売しているApple Watch用スタンドを購入してみたのでレビューしてみたいと思います。

今更Apple Watchを購入!開封簡易レビュー!(42mm:型番MJ442J/A)
WWDC2016でwatchOS3が発表され、秋ごろにも正式版リリースされる予定のApple Watch。 また、次期Apple Wa...
スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

開封の儀

パッケージ

では開封していきたいと思います。

IMG_0844.JPG

Spigenさんの商品は手に取るものの買う機会があまりなかったのですが、パッケージ自体は最近流行りの簡易包装ではなくてしっかりしたもので好印象です。

IMG_0841.JPG

パッケージ全面。

IMG_0842.JPG

裏面。

IMG_0843.JPG

横。

同梱品

IMG_0846.JPG

同梱品は

  • 商品本体
  • 説明書
  • 商品登録用のシリアルナンバーが記載されている紙

となっています。

本体

IMG_0847.JPG

謎の乾燥剤入り。(ないとダメな素材なんですかね・・・)

IMG_0848.JPG

こちらがApple Watch用のスタンドです。

IMG_0849.JPG

手触りはさらっとしつつマットな感触。

IMG_0850.JPG

本体背面。

IMG_0851.JPG

底面には滑り止め防止用の素材となっています。

IMG_0852.JPG

Apple Watchには38mmと42mmのサイズ展開となっていますが、これは38mmで使う時の土台ですね。これをスタンド側の本体を置く個所に貼ることで高さを調整できます。(説明書読んでなかったので間違って貼りそうになりましたw)

IMG_0853.JPG

Apple Watch用の充電ケーブルを後ろに接続。

IMG_0854.JPG

左右にケーブル固定するためのケーブルがありますので、どちら側にも設置可能となっています。

レビュー

では実際に使ってみましょうか。

IMG_0855.JPG

設置は簡単。Apple Watchをこの部分に

IMG_0856.JPG

ぽんっと載せれば充電開始されます。

IMG_0858.JPG

念のため、バンドを閉じた状態で試してみました。

IMG_0859.JPG

上から被せるように置くと

IMG_0860.JPG

ちゃんと充電が開始されました。

まとめ

今の所充電による不具合は出ていません。

あとで別記事で商品レビュー予定のカバーやメタルバンドを装着すると、若干傾きが出て、充電部分が離れるようですが、スタンドのストッパーがありますのでずれ落ちることはありませんでしたし、充電もちゃんとできました。

また、滑り止めも底面に有りますので、意図的に剥がそうとしない限りはテーブルから落ちることはないと思います。

充電ケーブルは別途用意する必要があるものの、おすすめの充電スタンドです。






▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼


▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ


スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280
gadgere.com広告ユニット:336×280

シェアする

フォローお願いします!