折り畳み自転車でも使えるスマホホルダーをレビュー!

前回、「折り畳み自転車でも使えるドリンクホルダーをレビュー!」でドリンクホルダーをご紹介しましたが、今回はスマホホルダーの紹介、レビュー記事となります。

スポンサーリンク
記事内広告

折りたたみ自転車でも使えるスマホホルダー

今回購入した商品はこちら。



今回、スマホホルダーを選ぶ上で、条件としたものは

  • iPhone 7 Plus程度スマホが装着可能。
  • モバイルバッテリーが背面に格納できる形状
  • スマホのディスプレイが常に見える形状
  • スマホのディスプレイをタッチ操作可能

という点。

値段も手頃で、上記条件に合うものが「フレームバック」なる商品だったため、試しに購入してみました。

MOREZONE フレームバッグ 5.5インチ自転車スマホホルダー レビュー

では商品をチェック。

IMG_2843.JPG

今回購入したスマホホルダーは先に説明した条件を満たす形で選びました。

スマホを装着した状態で操作が可能であり、5.5インチサイズのスマホ(iPhone 7 Plus)が収納可能という複数の条件をクリアしています。

おまけ機能として、ディスプレイ側の上部にバイザー?的なものがついています。
IMG_2844.JPG

横から見るとこんな感じ。スマホを収納する下にはちょっとした小物を収納できる部分があるため、少し厚みがあります。

鍵やイヤホン、小銭や薄型のモバイルバッテリーなどを収納可能。
IMG_2845.JPG

背面。左右と下部に自転車へ固定するバンドが装着されています。

今回ハンドル部分に装着をするので、上部の2つを使用しました。IMG_2846.JPG

本体下部にはスマホへイヤホンなどを接続する穴が空いています。IMG_2847.JPG

スマホのホルダー側はマジックテープで固定します。包み込むように固定するので、多少厚みのあるスマホでも装着できそうでした。

スマホホルダーの下にはちょっとした小物を収納できる収納スペースが設けられています。

折り畳み自転車に装着してみた、が想定外の自体発生

実際に折り畳み自転車へ装着してみました。

IMG_2909.JPG

見た目的に全く問題はなく、スマホを入れて使用するにはちょうどいい大きさでした。がしかし、写真をみてもわかるかと思いますが、ホルダーの下を指で押さえています。

IMG_2910.JPG

実は装着した折りたたみ自転車の形状上、ホルダー自体を載せる部分がないため、手を離してしまうとホルダーが地面と水平になってしまうんです。

完全に誤算。

固定バンドで自転車とホルダーをしっかり固定しておけば、ズレ落ちることは全くありませんでしたが、ホルダー下部が固定されていないせいで、多少凹凸のある路面を走行すると、飛び出しそうになることがありました。やはりホルダーの下側も何かで固定が必要。

ドリンクホルダーと併用、で一応解決?

別記事にレビューしているドリンクホルダーをスマホホルダーの真下、なるべくハンドル付近まで上に持ってきて装着してみました。

IMG_2911.JPGドリンクが入っている状態だと、ご覧の通り、スマホホルダーの下部をドリンクが押し上げる関係で、スマホホルダーの向きがちょうどいい感じに。

根本的解決には至っておらず、スマホホルダーを装着する際はドリンクホルダーに必ずドリンクを装着する手間が発生します。

ま、長距離走行するにはドリンクは必要不可欠なので、今の所これで良しとすることにしました。

まとめ

今回ご紹介したスマホホルダーですが、商品自体は機能的にもデザイン的にも満足です。

ただ、使用する自転車によっては、スマホホルダーの装着方向が調整できない欠点がある商品であることがわかりました。

商品自体は問題がないため、装着予定の自転車の形状をよく確認の上、以下商品の詳細をチェックしてみてください。