EC Technology、Bluetooth イヤホン(ランニング仕様) 開封の儀【レビュー】【提供】

EC Technology様よりBluetooth イヤホン(ヘッドセット)をご提供いただきましたので、レビューを行いたいと思います。
今回は開封の儀と、軽く使ってみた感想までレビューしたいと思います。
DSC_0216.JPG

スポンサーリンク
記事内広告

スペック

Bluetooth規格:Bluetooth 4.1
充電時間:1.5時間
動作時間:音楽 約5時間
     通話 約6時間
電池容量:3.7v/80mAh
重量:17g
その他:apt-x対応、CVC 6.0 ノイズキャンセル※通話時

開封の儀

※画像について。実験的にXperia Z5 Premiumの4K動画からの静止画切り出し画像としています。
白飛びしている箇所があり見づらくなっている箇所がありますが、ご了承ください。
MOV_0217_000007.jpg
Bluetoothイヤホンは、このような箱に入っています。
最近このようなデザインの箱が多いですよね。
(Ankerさんの製品はこのデザインですよね)
MOV_0217_000101.jpg
内容部とは上記の通り。※白飛びしててすみません。
Bluetoothイヤホンの本体。
充電ケーブル。
イヤーピースの中、大サイズ。
イヤーフック小が1つ。
説明書。
となっています。
MOV_0217_000133.jpg
それでは詳細を見ていきたいと思います。
MOV_0217_000229.jpg
本体です。
表面は鏡面加工されており、テカテカしています。
鏡面加工ですが、全くの鏡ということはなく、落ち着いたブラック系の鏡面加工になっており、価格以上に高級感があります。
素材はプラスチックなので、触るとプラスチッキーですね。
また、本体側面やケーブルがグリーン(蛍光色)になっているので、ランニング仕様を謳っているだけあって、スポーティーなデザインになっています。
ケーブルは平型なので取り回しはgoodでした。
MOV_0217_000236.jpg
本体右側の内側に通知LEDを搭載しています。
起動時やペアリング時に青や赤で状態を通知してくれます。
(通知バリエーションは開封の儀(番外編:説明書)を参照くださいね。)
MOV_0218_000022.jpg
同じく右側の上部に電源ボタンがあります。
このボタンは通話ボタンと音楽再生ボタン兼用となっています。
MOV_0218_000026.jpg
右側後ろ側に音量ボタンがあります。
操作方法は結構複雑なので覚える必要あり。
MOV_0218_000028.jpg
右側下にマイク穴があります。
ボタン類は全て右側に集約されていますね。
MOV_0218_000037.jpg
こちらは左側の下になります。
ここに充電用のmicroUSB端子が搭載されています。
DSC_0220.JPG
充電すると上のようになります。
MOV_0218_000040.jpg
充電時にカバーを外す必要がありますが、柔らかい素材でできているため、簡単に接続できます。

開封の儀(番外編:説明書)

説明書の中身を列挙しておきます。MOV_0217_000115.jpg
MOV_0217_000119.jpg
操作方法は結構細かく分かれているので、ある程度使って覚える必要があります。
特に音量ボタンの操作方法は覚えたほうがいいかも。
MOV_0217_000122.jpg
MOV_0217_000125.jpg

ペアリング

ペアリングは非常に簡単です。
MOV_0219_000000.jpg
NFCは搭載していないので、手動でのペアリングとなります。
MOV_0219_000007.jpg
Bluetooth本体の電源ボタンを三秒以上長押ししてペアリングモードにします。
MOV_0219_000018.jpg
ペアリング状態になると、上のように赤色で点滅します。
MOV_0219_000027.jpg
”H-07”と表示されるので、ペアリング対象の端末で項目をタップします。
MOV_0219_000040.jpg
するとすぐに接続状態になります。

使用感

iPhone6sと接続したので軽く使用してみました。
音楽については、Google Play MusicでJ-POPを聞いてみましたが、apt-x対応ということで、遅延や音質の劣化も無く、有線で聞いているのとほとんど遜色ありませんでした。
また思ったよりも重低音があり、音量を最大に近くしても音割れすることはありませんでした。
(しかし最大にすると少し音が歪みましたね)
このイヤホンは重低音が好みの方にオススメだと思います。
音質も良かったのですが、予想外良かった点は、Bluetoothイヤホンを電源ONにした際の接続スピードです。
こういったBluetoothヘッドセットなどは電源ONにしてから大体4秒程度で接続されますが、この製品に関しては、2秒程度で接続が完了します。
接続スピードが早いと、使用頻度も上がると思うので、意外に重要な点だと思いますね。
気にある点としては、Amazonレビューでもある通り、”数ヶ月で潰れる”可能性がある点でしょうか。
本体は防汗仕様止まりで、防水ではないため、汗などが運悪く端子類の隙間に入り込むと、故障してしまう可能性があります。
またプラスシック素材なので、おそらく耐衝撃性はあまりないと思われます。
アクティブに使う可能性が高い製品であるので、こういった点が、故障の確率を上げているのかもしれませんね。
この辺はもう少し使い込んで再レビューしようと思います。

ランニング使用時の感想は次回

年末ということで、ランニングを行うことが出来ていません(言い訳…w)。
近々使う予定ですので、追加でレビューしたいと思います。
本製品が気になる方は以下をチェックしてください。
充電時に使用しているケーブルは以下の製品です。