iPhone SE/6s/6sPlus用のオススメなウォレットケースBusiness Leather Factoryをレビュー!

先月購入した簡易ウォレット機能付ケースが結構良かったのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

レビュー

軽く開封の儀をしてから外観チェックしてみましょう。

開封の儀

DSC_0281.JPG

ケースは特になく、袋にウォレットケースがそのまま入っています。

DSC_0283.JPG

同梱品も本体と説明書?と品質証明書っぽい紙だけ。

外観

DSC_0286.JPG

素材は牛本革ということで合皮よりは質感が高い印象(当たり前か)

DSC_0290.JPG

内側は滑り止めっぽいマット加工がされています。

DSC_0291.JPG

側面は全体的にカバーしていますが、上部と下部はごっそりくり抜かれているタイプ。

充電端子などの干渉はしないので、安物のライトニングケーブルも使用できそうですね。

DSC_0292.JPG

iPhone6sを装着してみました。

サイズはピッタリで、若干側面が画面より気持ち飛び出ています。

私はガラスフィルムを貼ってるので、ほぼケースの側面と高さと同じになっています。

DSC_0293.JPG

側面のボリュームボタン部分などは大きくり抜かれています。

DSC_0294.JPG

この製品の最大の特徴なのですが、

DSC_0295.JPG

背面にカード入れが2つあり、カードが見えないようにさらにカバーがついています。

背面にカードポケットを貼り付けるタイプを今まで使用していたのですが、クレジットカードなどを入れておくのは、やはり少し心配でした。

このケースには、カードを目隠しする形でカバーが付いているので、背面はとてもすっきりしています。

カバー側にも、

DSC_0296.JPG

札や小物が入る簡易ポケットがついており、

DSC_0297.JPG

無理をしない入れ方だと、カードは3枚ほど入ります。

(カードカバー側の無理してカードを入れたところ、だいたい4〜5枚程度入りましたから、最大6〜8枚ほど持ち歩くことができそう。ただしかなり分厚くなりますけどね・・・)

DSC_0298.JPG

カードを入れた状態でも、背面はかなりすっきりしています。

DSC_0299.JPG

厚みも特に気になることはなく、

DSC_0300.JPG

こんな感じで収納可能です。

DSC_0302.JPG

カバーを閉じた状態でもカメラ撮影が可能!

DSC_0303.JPG

カードカバー側を画面側に持ってくることはできますが、幅が足りません。

DSC_0306.JPG

カードカバーを少し開くとスマホを横置きで立たせることが可能です。

ただし、設置場所がツルツルしているような場所だと、カバーが開ききってしまって自立は厳しいです。少し摩擦発生しそうな、ざらついた机の上などには置けると思いますよ。

まとめ

今まで手帳型ケースを色々試してみましたが、手帳型ケースってどうしても分厚くなってしまうんですよね。

その原因は背面側にケース+カバーがあり、さらにディスプレイ側にもカバーがあるので3層構造となってしまうためです。

この製品はディスプレイ側を守らない代わりに、背面にカードポケット機能を全て集約し、カードカバーを薄型化させることで、手帳型ケースより圧倒的な薄さを実現しています。

一点だけ改善して欲しい所としては、カードカバーが磁石で閉じて固定できればパーフェクトだったかなと思います。

使っていたら結構手に馴染んできたので、私は秋に発表と噂されているiPhone7まではこのウォレットケースを使い続けようかなと思っています。

なお、レビューではiPhone6sでご紹介しましたが、製品自体はiPhone 6sだけでなく、先月発売されたiPhone SE用も用意されています。

気になる方は下記よりチェックしてみてください!








iPhoneSE用はこちら!