Apple、iPhone7/7PlusでApple pay、SUICA、被写界深度エフェクトに対応したiOS10.1をリリース!シャッター音無音化の裏技は無効化。

Appleは日本時間25日に、Apple pay、SUICA、被写界深度エフェクトに対応し
たiOS10.1をリリース開始しました。

スポンサーリンク
記事内広告

iOS10.1 アップデート内容概要

iOS10.0のアップデート内容ですが、バグフィックスの修正以外に大きな機能追加、改善は以下の通り。

  • Apple Pay(SUICA対応)対応※Apple Watch series2含む
  • 被写界深度エフェクト(β版)対応※iPhone7Plus限定

IMG_1660.PNG

IMG_1661.PNG

IMG_1662.PNG

IMG_1663.PNG

Apple Pay

Apple Payに対応したことで、各種クレジットカード、プリペイドカードを事前に登録しておくと、電子決算に対応している店舗でiPhone7を決算端末に近づけるだけで支払いが完了させることが可能に。
日本では電鉄系非接触カードSUICAにも対応ということで、iPhone7の発表会時にも大きく報道されました。
Apple Watch series2に関してもフェリカチップは内蔵しているので、同時にWatchOSをアップデートすることで、Apple Pay、SUICAが利用可能になります。

なお、注意点としては、各種対応クレジットカードは、Apple Payに登録したとしても、複数端末で使用は可能のようですが、SUICAに関しては1カード1台という制限があるようで、iPhone7とApple Watchにそれぞれ登録して使用する、といった使い方はできないようです。

また、決算時のコツがあるようで、iPhone7の上部を決算端末、読み取り端末に近づけると、より読み取り精度が上がるようです。
これは、iPhone7のフェリカチップがiPhone7の上部に設置されていることが原因のようです。

IMG_1665.PNG

IMG_1666.PNG

ポートレートカメラ、被写界深度エフェクト

「ポートレートカメラ(被写界深度エフェクト)」という機能が新たにカメラ機能の選択肢として追加されました。
これは被写体の周りのボケをソフトウェアで処理することで、一眼レフのような写真に仕上げることが出来る機能で、この機能も発表会で目玉機能として注目されていました。
対応端末はデュアルカメラを搭載しているiPhone7Plusのみ。
この機能を試したいがために、iPhone7Plusを購入した人は多いのではないでしょうか。(私もその一人です)

現状、β版扱いになっており、正式名称はポートレートで固定なのか不明。
既にプレビュー版で同機能のレポートが多数メディア、ブログで発表されていますが、花の茎、枝、花びらなど、細かい部分のソフトウェア処理が甘いいようで、改善の余地はまだまだありそうです。

逆に形が一定の固形物(銅像など)を被写体にする場合は、効果抜群とのこと。

IMG_1667.PNG

シャッター音無音化の裏技、アップデートで無効化

AssistiveTouchを使用することで、カメラ撮影時、画面キャプチャー時のシャッター音を無音化することが出来ていましたが、iOS10.1より、この方法は無効化されてしまいました。
iPhone7シリーズは端末がステレオスピーカーになったことで、音量が非常に大きくなっています。
その影響でシャッター音もステレオ化されてしまい、撮影時、スクリーンショット時の弊害になっています。
個人的に、このシャッター音は大きすぎると感じている為、今後のアップデートで音量の半減をしてほしい所。