iPhone7シリーズ用耐衝撃・防塵ケースをレビュー【Oittm】【iPhone7Plus用】

OittmさんからiPhone7Plus用耐衝撃防塵ケースを提供していただいたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

iVAPO iPhone7 Plus 耐衝撃 防塵 バンパーケース

商品名にバンパーケースとありますが、耐衝撃ケースですので全方向にカバーされているケースです。勘違いされないように。

では商品をチェックしていきます。

IMG_1627.JPG

パッケージデザインは、先日レビューした同じくOittmさんからリリースされているハイブリッドケースと同様となっています。
IMG_1628.JPG

同梱品はケース本体とメッセージカードとマニュアルのQRコード。IMG_1629.JPG

ではケースをチェックします。

本製品は画面側のプロテクトケースとiPhone7本体を保護するケースに分かれています。IMG_1631.JPG

ケース内側には耐衝撃ケースではよく見かける凹凸加工がされています。
IMG_1632.JPG

Lightningケーブル端子の部分にもケースが保護しています。

そのため端子へのアクセスは少し手間が増える可能性があります。
IMG_1633.JPG

マナーモードボタンへも完全にケースが保護されており、マナーモードの切り替えの際にはケースを少しめくる必要があります。
IMG_1634.JPG

カメラ部分は大きく穴が開けられているので、カメラと干渉することはないです。IMG_1635.JPG

ケース裏側には大きくブランド?のロゴがありますね。IMG_1636.JPG

ディスプレイ側の保護ケースはこちら。

インカメラやスピーカー部分、ホームボタンには穴が開けられていますので、保護はされていません。
IMG_1637.JPG

なお、画面が曇っているように見えると思いますが、これはケース裏側に貼られている保護シートのせいです。
IMG_1638.JPG

この保護シートを捲ると、クリアな保護層があらわに。

装着&感想

それでは装着していきます。
IMG_1639.JPG

2層構造になっているので、本体はまず、ディスプレイ側に装着します。

IMG_1640.JPG

側面と下部にある爪の部分に本体に合わせて装着。

IMG_1641.JPG

こんな感じになります。IMG_1642.JPG

下側も爪があるので、同様に装着。IMG_1643.JPG

このようにセッティングができたら、本体側のケースにそっと装着します。
IMG_1644.JPG

全体的に装着できたところです。

左上のマナーモード部分が保護ケースと干渉しており、少し装着がしにくいです。
IMG_1645.JPG

焦らず、ゆっくりと全体を左右すると、IMG_1646.JPG

スポッと収まってくれます。
IMG_1647.JPG

手に持つとやはりかなりゴツくなります。

ただ表面に滑り止め加工がされている影響か、意外にグリップ力があり、油断をしない限り落っことしてしまうことはなさそう。IMG_1648.JPG

Lightning端子部分は完全に覆われています。スピーカー穴などに関してはぴったり加工済み。
IMG_1649.JPG

左側面側です。各種ボタンはすべてカバーされています。
IMG_1650.JPG

無骨なデザインとなっている背面。

耐衝撃ケースらしいですね。
IMG_1651.JPG

少し気になった点は、ディスプレイの上部のセンサーが一部ディスプレイに被ってしまっているところ。

誤作動がないか少し心配。(少し使ってみた感じ、特にケースを付けていない時と遜色はなしでした)

なお、ホームボタン部分の押しやすさについて。

私のiPhone7Plusにはガラスフィルムが装着されていますが、ケース側のフィルム分深さが変わるので、気持ち押しにくくなりますが、個人的には特に影響ない範囲でした。
IMG_1652.JPG

本体及びディスプレイも保護。
IMG_1653.JPG

各種端子類へのアクセスは少し面倒かもしれない。
IMG_1654.JPG

マナーモードのカバーを外せば、簡単にマナーモードのON、OFFは可能。

まとめ

値段が非常に安いので品質面で少しきになるところはあったのですが、全体を保護できるし、何よりディスプレイ側の保護兼用なので、スポーツシーンなどで活躍しそう。

気になる人はAmazonでチェックしてみてください。


▼Amazonで商品情報をチェック▼