MacBook Pro 2016 touch barモデル用にキーボードカバーとタッチパッド用フィルムを購入したのでレビュー!

MacBook Pro 2016用のキーボードカバーとタッチパッド用フィルムを購入したので使用感などをレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

MacBook Pro 2016用キーボードカバー

今回購入したMacBook Pro 2016用のキーボードカバーはこちら。 DSC00335.JPGパッケージ。こちらの商品はクリアタイプとキーボード面のがブラックになり、かな入力用の印字がされたタイプの2タイプ展開となっています。今回購入したのは後者。

DSC00336.JPGパッケージ裏。

DSC00340.JPGこちらがキーボードカバーです。JIS配置のキーボード配列になっていますので、エンターキー周りがそれ用にデザインが変更されています。

DSC00341.JPGキーボード間やCAPSキーのLED部分のみクリアになっています。と言っても半透明なので、光が見えるぐらいのレベルとなっていますが、この穴がやや位置が合っていないのが少し気になります。

DSC00342.JPG実際に載せてみたところ。サイズ感はほぼぴったりです。ややキーボードカバー周りが、MacBookのキーボードエリアよりはみ出気味になっています。ただし、そこまで気になるほどのものではありません。

DSC00343.JPG先ほどのCAPSのLED部分です。若干ずれています。

実際にこの記事を執筆しながら、このキーボードカバーを使用していますが、汚れを気にしなくていいというのはいいですね。汚れたとしても、キーボードカバーだけを水洗いしてしまえばいいですし、デザインもぱっと見はわかりませんので、外での使用も問題なし。

キー入力のしやすさですが、素材の関係上、やや手に引っ掛かり気味ですね。よって少し入力しにくいです。使い続ければ、グリップ感が少しマシになりそうな気もするので、ガンガン記事を書いてみて、その後に再レビューするほうがいいかも。現時点ではグリップがあり、少し手に引っかかると言った点が気になる感じです。

なお、カバーをしているからか分かりませんが、キータッチ音がやや下がったような気がします。これは素材が影響しているのか、グリップ力が上がったからなのか、他に理由があるのか分かりませんが、「カタカタカタ、ターン!」と入力しても、ややマシになりました。

後、キーボードカバーをした状態で、キーの明るさをあげても、ライトの明るさは感じません。少しでもキーライトを使用したいのでしたら、クリアタイプのキーボードカバーを選択することをお勧めします。


MacBook Proタッチパッド用フィルム

キーボードカバーの購入のついでに、お勧めに出てきたタッチパッド用のフィルムを購入してみました。

DSC00337.JPG購入した商品はこちら。

DSC00338.JPGパッケージ裏はこんな感じ。
DSC00339.JPGこの商品、実は3枚もフィルムがついています。結構太っ腹ですね。もしかしたら耐久性がないのか?少し不安もよぎりますね

DSC00344.JPG位置合わせをしっかりしてから、フィルムを貼り付けます。

DSC00345.JPGサイズ感はほぼぴったりです。貼り付ける際はしっかり位置合わせしたほうがいいですね。

DSC00346_1.JPGフィルムとタッチパッドのサイズ感はこんな感じ。

少し使ってみた感じ、フィルムの厚み分タッチパッドの位置が上昇するため、フルフラット状態になります。触った感じもアンチグレアになっているため、元のタッチパッドの質感に似ていて、違和感はありません。やや滑りが悪いのか、引っ掛かりは少し感じられます。

これはキーボードカバーと同様、少し使用したら感覚が変わるかも。今の所、特に問題は感じていませんね。


まとめ

今回購入したキーボードカバーとタッチパッド用フィルムですが、外にMacBook Proを持ち出して使用するとき、汚れが気になる場合になど、結構力を発揮してくれそう。

後汚れそうなところと言ったら、パームレスト周辺なので、この辺りをカスタマイズできるスキンシールなど物色予定です。いいのあったらまたご紹介しますね!

▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼


▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ


スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280
gadgere.com広告ユニット:336×280

シェアする

フォローお願いします!