MacBook Pro用プライバシーフィルムをレビュー!横から見えにくくなりおすすめ!

今回購入したのは、MacBook Pro用の覗き見防止フィルム「マイクロソリューション Micro Solution PRO GUARD™ MGPF Put & Play Magnetic privacy filter」

少し使ってかなり良かったのでご紹介!

スポンサーリンク
記事内広告

開封!

では詳細を確認していきましょう!

IMG_2476.JPGパッケージングはこんな感じ。マイクロソリューションさんの商品は何回か買ったことがあったと思うのですか、品質に関しては悪いイメージは持っていないので期待して開封。

裏から開封します。

IMG_2477.JPG同感品は特になく、プライバシーフィルムが入っているだけ。

IMG_2479.JPG

プライバシーフィルムはこんな感じ。IMG_2480.JPG上部が若干厚くなっていますが、ここにはMacBook Proへ取り付けるための磁石が埋め込まれているようです。

IMG_2481.JPGカメラ用の穴も空いています。

IMG_2482.JPG裏表は光沢、アンチグレアとなっています。

IMG_2483.JPG先ほどご紹介した上部の穴が、裏表で若干ズレるため、裏表どちらでも一応使えます。(カメラにはどちら向きでも塞がることはありません。)

というのかどちらが表なのかわからない…。

実際に使っていた感想。

では実際につけたところお見せしながらレビューします。

まずこれがプライバシーフィルムを付けていない状態。IMG_2484.JPG

これがつけた状態です。IMG_2485.JPG見ての通り、若干両端が暗くなっている程度で、真正面から見た限りでは文字が見えにくくなる、といったことはないです。少し輝度が下がる感じですが、明るさ調整でどうにでもなる範囲ですね。

横からチェックしてみます。これが付けていない状態で60°くらい横から見た所ですね。IMG_2486.JPG

こちらはプライバシーフィルムを付けた状態。35~45°付近で、半分ほど真っ暗の状態になります。IMG_2488.JPG

で60°くらい(席で隣になるくらいの位置)だとこんな感じで、画面上は真っ暗にしか見えない状態になります。文字も識別は不可能といった感じ。

IMG_2487.JPG

スタバなどのカフェでドヤりたい場合や、オープンエリア、公共の場でPC作業をしたい場合などは、真後ろ側からの効果は薄いですが、横からに関しては効果抜群となっています。

一つだけ欠点を上げるとしたらフィルムの「厚み」

このマイクロソリューションのプライバシーフィルムに関してですが、性能については一切の不満はありません。ただ1点だけ「おしい!」と思った点が1つ。

ご覧の通り、フィルムを閉じた状態だと閉じ切りません。

IMG_2490.JPG若干浮いてしまう程度なので、上から軽く力を入れれば、ぺったりと閉じることは可能ですが、不可が掛かるのであまりお勧めはしませんけどね。

唯一の欠点もカバーできる「マグネット式」

ただ、このプライバシーフィルム、最初にご紹介した通り、上部に磁石が埋め込まれており、「マグネット式」となっています。

ですので簡単に取り外しが可能!

必要な時につけて、不要な時にはとってしまえばいい。

家ではフィルムなしで運用し、外で使用する時はMacBook Proと一緒に忍ばせておき、使用する時だけ画面に貼り付け、といったことも容易にできます。

まとめ:脱着式のプライバシーフィルムがほしい場合「買い」

MacBook Pro 2016に対応したプライバシーフィルムをお探しの方に非常にオススメ!

以下より在庫をチェックしてみてください。


15インチ版もありますよ!