Nintendo Switchが来た!簡易購入レビュー/購入を迷っている人へ。

2017年3月3日、任天堂より新ゲーム機であるNintendo Switchが発売されました。

私も1月21日の予約開始時に無事予約できており、発売日の午前中に配送されてきました。

今回はNintendo Switchの外観や操作感、それと購入に迷っている人への助言を踏まえレビューしておきたいと思います。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

Nintendo Switchの外観レビュー

今回Amazonで購入したモデルは「【Amazon.co.jp 限定】【液晶保護フィルム多機能付き (任天堂ライセンス商品) 】Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー+HARD CASE for Nintendo Switch ブラック+マイクロファイバークロス」という収納ケースと液晶保護フィルムがついたタイプ。このセットモデルを購入していると、液晶保護も持ち運びも一通りできる環境が整います。

IMG_2218.JPGこんな感じ。ちなみにソフトは「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」を購入しましたよ。
IMG_2219.JPGNintendo Switchは思った以上に横長な形状となっています。片手で持てるし、ジョイコン部分だけで持っても壊れる心配はなさそう。
IMG_2220.JPGジョイコン(左)
IMG_2221.JPGジョイコンとSwitchとの接続部にSL、SRボタンが格納されています。このボタン、このままじゃ結構押しづらいので、付属のアタッチメントを必ずつけたほうがいいです。
IMG_2222.JPG背面はこんな感じで、シンプル。ZL、ZRボタンが思いの外背面方向に飛び出ており、テーブルに置いた状態だと、この部分に負担がかかりそうで、結構気を使います。
IMG_2224.JPGSwitchの上部には、電源ボタン、音量ボタン、排気口、イヤホンジャック、Switch用カードスロットが搭載。
IMG_2225.JPG下側はUSB Cコネクタが中央にあるだけで、かなりスッキリしていますね。
IMG_2226.JPG

ジョイコンを本体から外して使用する場合、このアタッチメントを使った方が操作感が上がります。
IMG_2227.JPGジョイコンを接続するとこんな感じに、一つのコントローラーへ変貌。これでゼルダの伝説も難なく操作できます。平べったいので、持った時の違和感は少しあります。
IMG_2229.JPG

液晶部は非常にきれい。この大画面を外でプレイするには少し勇気が必要。IMG_2230.JPG

分離して操作できるのは結構新鮮でした。

 Nintendo Switchの操作感について

ディスプレイとコントローラー部分が分離する関係で、結構自由度が高いプレイスタイルだな、と思います。液晶はやや解像度が低い印象も持ちますが、全体的に綺麗にまとまっていると思います。大きすぎず小さすぎず、なデバイスではあるものの、これまでの据え置き、ポータブルモデルとはやはり雰囲気が違います、

Nintendo Switchの購入に迷っている人へ

ローンチタイトルが少ないとかでSwitchの購入をしていない人には、ぜひ「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」をやってほしいと思います。異常なほどオープンワールドで、「見た目登れそうにない崖っぷちを上りきる」とか「未開の地のほうへ、遠くへ飛び降りていってみよう」とかが普通に出来てしまい、フィールドは非常に広いです。WiiUでできるとかもありますが、持ち出しでもプレイ可能なSwitchの方が何かと便利で、オープンワールドによるプレイ時間増加も「持ち出しできる」ことで解消できるかも。


▼AmazonでNintendo Switchの在庫チェック(転売、価格に注意してくださいね。)



専用スマートポーチ(EVA)ブルー付きとかが出てるんですけど!