PlayStation VRを購入レビュー!【セッティング編】

前回開封レビューをしましたが、画像が多かったのでセッティング編を別記事にしました。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

PlayStation VRを設置しよう

PlayStation VRを接続するためには、5種類ほどのケーブルと、周辺機器を接続しなければいけません。

付属の説明書に手順が載っているので、その通りに接続していきます。

IMG_1587.JPG

付属品がそれなりになるので、全て揃っているか確認したほうがいいです。
IMG_1599.JPG

IMG_1600.JPG

各ケーブルには接続番号が振られたシールがついています。
IMG_1601.JPG

この数字が説明書に記載されている接続順になるわけですね。
IMG_1588.JPG

プロセッサーユニットとPS4を準備してIMG_1589.JPG

ディスプレイからのHDMI接続は、このプロセッサーユニットを経由しPS4に接続する流れになります。IMG_1590.JPG

PS4にカメラを取り付け。IMG_1591.JPG

PS4とプロセッサーユニットを接続(ケーブル1)IMG_1592.JPG

PS4のUSB端子へケーブル2を使用してプロセッサーユニットと接続。
IMG_1593.JPG

プロセッサーユニットとコンセントをケーブル3で接続。IMG_1594.JPG

ケーブル4をプロセッサーユニットに接続。IMG_1595.JPG

PS VRとケーブル4を接続。IMG_1596.JPG

1〜3の順番に電源をON。IMG_1597.JPG

あとはPS VRを装着すれば準備OK。IMG_1598.JPG

電源を切る方法もちゃんと記載されています。

チュートリアルの動画がYouTube公式サイトにアップされているのそちらを確認するのもいいかもしれません。

セッティングは難しくない、が面倒くさい

実際にセッティングしてみて思ったのは、

  • ケーブルが多い
  • PS4とは別にさらにプロセッサユニットへの電源確保が必要
  • ケーブルが多いため収納場所に困りそう
  • 各種ケーブル接続へは工夫が見られる(接続する端子には○□などのマークが付いているので間違えることはない)

と言ったところ。

PS VRをパッとさっとしたい!すぐできる!と思っていたら意外に準備に時間がかかったのが正直なところです。

発売日当日にセッティングしましたが、机周り、配線周りの整理、セッティング完了までを会社から帰ってきてからしたら、日付が変わりそうになっていましたw

ここら辺は次期PS VRの無線化に期待したいですね。
IMG_1602.JPG

ケーブルにはマークが付いているので迷わない。IMG_1603.JPG

プロセッサーユニットにケーブルを完全格納できるので、見た目すっきりです。IMG_1604.JPG

完成したところはこんな感じ。

ディスプレイの下には大量のケーブル類が・・・・w

次回はサマーレッスンなどのソフト面を交えて感想を述べたいと思います。