PlayStationVRが届いたのでレビュー!【開封編】

2016年10月13日、待ちに待ったPSVRが発売されましたね。

私は特別体験会で予約購入していましたので、無事13日中に手に入りました。

まだまだ品薄の状態が続いているPSVR。

開封レビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
記事内広告

PlayStaition VR 開封の儀

では見ていきましょ。

IMG_1555.JPG

SONYロゴのテープで閉じられた段ボールの中にPSVRが入っていました。
IMG_1556.JPG

こちらがパッケージ。IMG_1558.JPG

モーションコントローラーもついでに1つ買っていました。

(モーションコントローラー1つで遊べるゲームって今見たらないっぽい??やるならもう一つ買わないと・・・)
IMG_1559.JPG

パッケージを開けていきます。

上のテープ部分をはがすと
IMG_1560.JPG

こんな感じで隙間ができるので、

IMG_1561.JPG

そのまま上に引っ張ると、化粧用の厚紙が取れます。IMG_1562.JPG

こちらがケース。

質感は紙でしょうけど、結構厚みがありますので、中のPSVRはしっかり保護されています。IMG_1564.JPG

このケースの上蓋を開くと「PlayStation VR」が登場。IMG_1565.JPG

ケース自体がそこそこの大きさなので、上蓋とケースの繋ぎ止める紐が付いています。
IMG_1566.JPG

同梱品で最初に出てくるのは説明書。
IMG_1568.JPG

こちらが同梱品の各種ケーブル類です。この箱の中に5種類くらいのケーブルや機器が収まっています。IMG_1569.JPG

一番下にPSVRが収納されています。

IMG_1570.JPG

袋に入ったPSVR。

IMG_1571.JPG

袋から出すと、PSロゴとSONYロゴにテープが張ってあります。

鏡面加工されているので、それの保護でしょう。
IMG_1572.JPG

横にも。

IMG_1573.JPG

上にも。

IMG_1574.JPG

剥がすとこんな感じ。

IMG_1575.JPG

では本体をチェック!

こちらがPSVRです。結構な大きさ。

(人の頭に装着するので当たり前っちゃ当たり前ですが。)
IMG_1576.JPG

PSVRを接続するケーブルの途中には音量ボタンやマイクボタン、電源ボタンが付いています。IMG_1577.JPG

この側面にはイヤホンジャックも搭載。IMG_1578.JPG

PSVRのケーブルの先端はHDMIケーブルが二股になっています。IMG_1579.JPG

PSVR(左)IMG_1580.JPG

PSVR(正面)

IMG_1581.JPG

PSVR(背面)IMG_1582.JPG

PSVR(右)IMG_1583.JPG

装着部分。

IMG_1584.JPG

頭に装着する際の調整ダイアル(ロック解除ボタン)。

IMG_1585.JPG

覗き込む部分はこんな感じ。
IMG_1586.JPG額当て部分は結構肉厚なクッション素材。

表面は滑り止め加工されています。(夏場暑そう。)
IMG_1599.JPG

周辺機器を開封。

これだけでもケーブル類が多いのがよくわかりますね。

IMG_1601.JPG

接続ケーブル×2。

PSVR 開封しての感想

特別体験会で2回ほどソフトを体験したので、初見ではありませんでしたが、実際手元に届いてじっくり見ると色々気づく点がありますね。

(本体の質感、ボタン、ケーブルの形状などなど)

とりあえず開封して1つ思ったことは、

「ケーブル類多すぎぃ!」

という点でしょうかw

次回はセッティング編-VRソフト体験レビューの予定

今回は画像が多めなので、開封の儀までにしたいと思います。

すでにソフトを購入し、いくつか遊んでいますので、そこら辺のレビューも別記事で上げる予定。