Seneo カメラレンズ3点セット【レビュー】

Seneo様からスマホやタブレットのカメラに使える、カメラレンズ3点セットをご提供いただきましたのでレビューしたいと思います。
IMG_0473.JPG
スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

開封の儀

では中身を見て行きたいと思います。

箱自体はかなりシンプルな作りになっており、側面に3点のカメラレンズの特性が記載されています。
IMG_0474.JPG
箱をあけると、カメラレンズケースにレンズ類が格納されています。
IMG_0475.JPG
カラビナ付なので、鞄などに引っ掛けることが出来て持ち運びに便利ですね。
IMG_0476.JPG
同梱品としては、
・0.36倍ワイドアングルレンズ
・180°魚眼レンズ
・20倍マクロレンズ
・レンズ用クロス
の4点です。
IMG_0477.JPG
レンズはこんな感じ。
レンズ毎にマークが書いてあり、どのレンズが何のレンズなのかすぐ分かるようになっています。

実際に使ってみた

では実際に撮ってみた画像を見比べてみましょう。
使用した端末はiPhone6s、カメラ設定は全てオートにしています。
まずこちらがSeneoレンズを装着しない状態です。
IMG_0478.JPG
こちらが180°魚眼レンズ。
IMG_0479.JPG
どノーマルの設定ですと、レンズ周りにケラレが発生します。
このままでも味の有る写真となりますが、気になる場合は、iPhone6s側でデジタルズーム若しくはトリミングを行う事でケラレを消すことが出来ます。
そちらがこの画像。
IMG_0480.JPG
ノーマル状態より広角な写真になります。
こちらは0.36倍ワイドアングルレンズで撮った写真です。
IMG_0481.JPG
180°魚眼レンズでケラレが発生しないようにトリミングした画像よりもさらに広角に撮れました。
右側に机があるのですが、ノーマルでは到底写らない範囲もこのレンズを使用する事でレンズの歪みなく写せます。
自撮りにはこのレンズが向いていると思います。
最後に20倍のマクロレンズを見ていきましょう。
まずiPhone6sで撮影できるマクロ画像は以下の通り。
IMG_0484.JPG
被写体はXperiaZ5Premiumのディスプレイ上に4K解像度の写真をドットバイドットで写しているものです。
被写体から大体5cm程度話さないとピントが合いません。
しかしSeneo製マイクロレンズを使用すると・・・
IMG_0485.JPG
XperiaZ5Preimumの画面ピッタリによってピントが合う為、上記のような写真を撮ることが可能。
また、デジタルズーム機能も併用可能となっており、以下のようにディスプレイのドットが確認できるほど寄ることが出来ました。
IMG_0486.JPG
こちらの会社のマクロレンズは、他社と比べかなり接写機能に特化したマクロレンズに仕上がっていますので、被写体の全体に寄って撮影するよりも、被写体を顕微鏡のように超拡大して撮影したい人に向いています
DSC_0276.JPG
壁紙の素材感もこのレンズを併用する事で確認可能。
DSC_0277.JPG
距離的にはこんな感じにしてやっとピントが合います。

まとめ

以上、Seneo社から販売されているカメラレンズ3点セットでした。

マクロレンズが特徴的な性能なので、少し人を選ぶかもしれませんが、ワイドレンズや魚眼レンズは通常使用でまったく問題ない性能はあるので、買ってみる価値は十分にあると思います。

DSC_0278.JPG

▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼


▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ


スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280
gadgere.com広告ユニット:336×280

シェアする

フォローお願いします!