SONY、XperiaXCompactをIFA2016で発表!XperiaZ5compactとスペック比較

SONYは、IFA2016にてミッドレンジクラスのモデルとして、Xperia X Compactを発表しました。

via:sonymobile.com,sonymobile.com(2),sonymobile.com(3)

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

Xperia X Compact

前回のXperiaXシリーズの小型版XperiaXとして「Xperia X Compact」が発表されました。

スペックを直前の最新compactシリーズであるXperia Z5 Compactと比べながらチェックしておきたいと思います。

※海外仕様同士で比較

 Xperia X compactXperia Z5 compact
OSAndroid6.0Android5.1(発表当時)
CPUQualcomm Snapdragon 650 64bitQualcomm Snapdragon 810 64bit
ROM32GB eMMC32GB
RAM3GB2GB
ディスプレイ4.6” HD 720p4.6” HD 720p
カメラリア:23 MP(1/2.3” Exmor RS)
フロント:5 MP(1/3.06” Exmor RS)
4K video対応
レーザーAF
リア:23 MP(1/2.3” Exmor RS)
フロント:5 MP(Exmor RS)
4K video対応
サイズ129 x 65 x 9.5 mm127 x 65 x 8.9 mm
重量135g138g
バッテリー2700mAh2700mAh
カラーMist Blue,Universe Black,WhiteGraphite Black,White,Yellow,Coral
その他USB Type-C搭載※規格2.0
microSD(max256GB)
microSD(max200GB)
防水防塵IP65/IP68

スペック面では Xperia Z5 compactからの主な変更点は、CPUのミドルレンジ化、メモリの増強、レーザーAFの実装、重量の軽量化、USB Type-C端子の搭載、非防水化、ややサイズが縦と厚みが増した、といったところでしょうか。

RAMは3GBへUPしましたが、CPUはクアルコムのS650に変更されています。

この辺、体感速度がどこまで変わるのかは今の所不明ですが、Xperia Xにも搭載されているCPUなので、そこまで問題にはならないと思われます。

ディスプレイサイズ、バッテリー容量は全くの同等。CPUが変わったことと、バッテリー劣化防止技術の「Battery Care」でどこまでバッテリー持ちが維持されるか見ものですね。

カラーバリエーションは、Z5 compactの4色展開(Graphite Black,White,Yellow,Coral)から3色展開(Mist Blue,Universe Black,White)へ変更。

外観デザインはXperiaXZと同様、スクウェアな形状に変更されています。

xperia xc color

日本では防水機能付で発売か

Xperia XZ同様、sony.co.jpでもすでに発表済みですが、Xperia X Compactに関しては日本でも今秋発売を予定しているようです。なお、その際は未対応だった防水防塵機能は付与されたモデルで登場する可能性がありますね。

新開発のトリプルイメージセンシング技術によりカメラが進化したスマートフォン、フラッグシップモデルの『Xperia XZ(エクスペリア エックスゼット)』とコンパクトモデルの『Xperia X Compact(エクスペリア エックス コンパクト)』を今秋以降、日本を含む各市場で導入します。


▶Xperia X Performance ケース特集(AA)
▶Xperia Z5 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z5 ケース・カバー集
▶Xperia Z5 compact 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z5 compact ケース・カバー集
▶Xperia Z5 Premium 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z5 Premium ケース・カバー集
▶Xperia Z4 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z4 ケース・カバー集
▶Xperia A4 液晶保護フィルム集
▶Xperia A4 ケース・カバー集
▶Xperia Z3 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z3 ケース・カバー集
▶Xperia Z3 Compact 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z3 Compact ケース・カバー集