Xperia X Performance純正カバー、フルウィンドウ付きスタイルカバーなどをレビュー(SCR56、SCR58、SBC30、SBC28)

SONYの2016年フラッグシップモデルのXperia X Performanceがdocomo(SO-04H)、au(SOV33)、SoftBank(502SO)から6月24日に発売されましたね!

購入された方、使い勝手はどうですかね?

Xperiaアンバサダーでお借りしていて、Xperia Z5よりブラッシュアップされていて、買って損はない端末に仕上がっていると感じたので、あまり心配はしていませんが…。

前置きが長くなりましたが、先々週末に大阪ソニーストアに行ってきて、フルウィンドウ付きスタイルカバーSCR56などをチェックしてきたので、使用感などをレビューしたいと思います!

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

フリップスタイルカバー SCR56

DSC05216.JPG

 フリップスタイルカバーは後述するフルウィンドウ付きスタイルカバーのカバー部が完全な蓋になっているカバーになります。

主に全方向に対して保護したい人向けの製品ですね。

表面(背面)はポリウレタンのようですが、手触りが非常に良いです。

(今回レビューする中ではスタイルクリアカバー以外素材は共通のようです。)

皮っぽい加工がされており見た目の質感も上々です。

電源ボタン部は大きめにくりぬかれており、指紋認証の邪魔にならないよう配慮されていました。 DSC05240.JPG

また、蓋の開閉で画面が自動でONになる機能も搭載。

カラーは、ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色展開です。

DSC05242.JPG

DSC05241.JPG

DSC05238.JPG

DSC05239.JPG

DSC05236.JPG

DSC05237.JPG

DSC05233.JPG

DSC05232.JPG


Amazon購入ページ




ソニーストア購入ページ
icon
icon
icon


スタイルカバー SBC30

スタイルカバーは、フリップスタイルカバーの蓋がない状態の製品と思って頂いていいと思います。

フリップスタイルカバーなどのように、蓋はなくていい人向けに仕上がっています。

カラーは、ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色展開です。

DSC05250.JPG

DSC05249.JPG

DSC05248.JPG

DSC05247.JPG

DSC05245.JPG

DSC05246.JPG

DSC05244.JPG

DSC05243.JPG


Amazon購入ページ





ソニーストア購入ページ
icon
icon
icon


スタイルクリアカバー SBC28

スタイルクリアカバーはTPU素材のクリアカバーです。

厚さ0.8㎜となっているので、デザインも損ねません。

DSC05252.JPG

DSC05255.JPG

DSC05256.JPG

DSC05257.JPG

DSC05259.JPG

DSC05260.JPG

DSC05254.JPG

Xperia Z5シリーズのように、本体側面にSONYロゴが刻印されています。

DSC05253.JPG

サイズもぴったりですし、値段も他社製と対して変わらないので、TPUのクリアカバーを探している人は、これで決まり!でいいと思います。


Amazon購入ページ


ソニーストア購入ページ
icon
icon
icon


フルウィンドウ付きスタイルカバー SCR56

DSC05215.JPG

 今回の目玉商品(と私が勝手に思ってるだけ)のフルウィンドウ付きスタイルカバーをチェックしておきましょう。

外観はフリップスタイルカバーと同等、素材もポリウレタンとなっており、皮のような素材でで、若干ふんわりした手触りに仕上がっています。内側はマイクロファイバーになっており本体を装着しているときも本体もに傷がいきにくいようになっています。

DSC05218.JPG

カバー内側にNFCが搭載されており、これとXperiaXPerformanceのNFCを接触させることで、ワンタッチでペアリング可能。

Xperia Z5の時と違い、ネイティブサポートされているので余計なアプリを入れずにペアリングができます。

使用感

実機を装着していじくり回してみました。

見た目は去ることながら、グリップ感が非常に良いです。
DSC05225.JPG

DSC05227.JPG

DSC05224.JPG

電源ボタン部などの各種端子部分は少し大きめにくり貫かれていますので、操作性に支障はでないでしょう。

DSC05271.JPG

蓋の開閉でディスプレイがONになるのは大体このぐらい開いた時です。

DSC05272.JPG

蓋を完全に折り返してしまうことも可能。特に持ちにくい印象はなかったです。

DSC05274.JPG

ディスプレイの2.5D加工部も完全に覆われています。

DSC05275.JPG

エッジ部は柔らかい素材でできているので、指を切ってしまったりなどということはありません。

DSC05276.JPG

蓋の開閉はせずにカメラも撮影可能!

ディスプレイの輝度は多少上げる必要あり

フルウィンドウ付きスタイルカバーですが、蓋が透過素材になっているものの、やはり少し曇って見えてしまいます。

そのため、ややディスプレイの明るさを調整する必要があります。

[明るさ 最小]

DSC05262.JPG

[明るさ 中] DSC05263.JPG

[明るさ 最大]

DSC05264.JPG

実用面を考慮すると、明るさ 中くらいが妥当かと思います。

文字入力

文字入力も試してみました。

ディスプレイ越しで操作するので、慣れが必要と思いますが、思いのほか、指の反応も悪くなく、長文を打つようなことではないのでしたら、十分実用範囲だと感じました。

DSC05261.JPG

見づらさを軽減する方法

ケースの蓋を閉じた状態での操作時に、見づらさを軽減する方法をコメントいただきましたのでご紹介。

方法:指紋防止以外のシールを貼ると曇りが半減

勝手な予想ですが、表面にシールを貼ることで凹凸がなくなり、光の乱反射を防げることで、透過率がアップしているような感じでしょうか(すりガラスにシールを貼るのと同じ原理?)

SCR56をお持ちの方、お試しください。

(新宿じ〜じさん、情報提供ありがとうございます!)


Amazon購入ページ




ソニーストア購入ページ
icon
icon
icon


まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回のXperia X Performaneのケース、特にフルウィンドウ付きスタイルカバーに関しては、個人的に非常に気に入ったカバーに仕上がっていると思います。
Z5の時にも小窓付きのケースはありましたが、やはり画面全体が表示されたほうが操作性も同じだし、見た目もすっきり。
私がX Performanceを買った場合は100%フルウィンドウ付きスタイルカバーを購入しますね。

(しかし、Z5にもフルウィンドウタイプのケースを出してほしいなぁ・・・)


▶Xperia X Performance ケース特集(AA)
▶Xperia Z5 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z5 ケース・カバー集
▶Xperia Z5 compact 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z5 compact ケース・カバー集
▶Xperia Z5 Premium 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z5 Premium ケース・カバー集
▶Xperia Z4 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z4 ケース・カバー集
▶Xperia A4 液晶保護フィルム集
▶Xperia A4 ケース・カバー集
▶Xperia Z3 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z3 ケース・カバー集
▶Xperia Z3 Compact 液晶保護フィルム集
▶Xperia Z3 Compact ケース・カバー集

▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼


▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ


スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280
gadgere.com広告ユニット:336×280

シェアする

フォローお願いします!

コメント

  1. 新宿じ〜じ より:

    昨日 SCR56 購入しました 。
    確かに見つめていると目が疲れますね〜
    そこでカバーふたの裏表に指紋防止以外の
    シールを貼ると曇りが半減します。
    お試しあれ ・・・・

    • gadgere より:

      なるほど、それはいい方法ですね!
      おもて面にプライバシーフィルムとか貼ったら便利そう。

      新宿じ〜じさんの情報を記事に反映させていただきました!
      貴重な情報をありがとうございます。