SONY,Xperia XA Ultraを発表!Z Ultraの後継機か?

SONYは、6.0インチサイズのディスプレイを搭載するファブレット、Xperia XA Ultraを発表しました。

xa_ultra_1

via:sony mobile

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

スペック -Spec-

CPUはMediaTek Helio P10 MT6755(オクタコア)で、ROMは16GB、RAMは3GB、バッテリー容量は2700mAh、重量は190gでサイズは 164.2 x 79.4 x 8.4mm。
AndroidOSは6.0搭載。microSDカードスロット搭載(最大200GB)
ディスプレイは6インチ(FHD)でBRAVIAエンジンを搭載しています。
カメラはZ Ultraから大幅強化をされており、リアカメラが2150万画素、フロントカメラがなんと1600万画素のOIS(光学手振れ補正)とフラッシュを搭載しています。
カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ライムゴールド。

デザインに関してはXperia XAをベースとしているようで、指紋認証がなく電源ボタンがZ4世代と同等のものとなっています。またフレームも完全一体形成ではなく、XA同様つなぎ目らしきものが見えます。

専用ケースも用意される

Xperia Xシリーズの公式アクセサリで、フルウィンドウ付スタイルカバー、フリップスタイルカバー、スタイルクリアカバーに関しては、Xperia XA Ultraにも用意されます。
其々、SCR60、SBC34、SBC32という型番で発売されるようです。

まとめ

スペックや外観から見ても、以前少し噂になっていたXperia C6 Ultraが、最終的にはXperia XA Ultraとなったのだと思われます。
SONYは2018年までXperia Xシリーズを主軸に商品展開を行っていくとのことなので、M、Z、Aなどのシリーズも全てXシリーズに集約されるのでしょう。
全体的な感想としては、Xperia XA Ultraは「カメラ機能を大幅強化してディスプレイサイズを6インチに縮小&非防水化したZ Ultra」といったところでしょうか。
CPU性能や非防水、ディスプレイサイズが気にならないZ Ultra難民は、Xperia XA Ultraも十分選択肢に入ると思います。
先日発表された6.44ディスプレイを搭載のMi Maxと競合するので悩ましですが。