Xperia XZ用TPUクリアケース、LEPLUS「CLEAR SOFT」をレビュー!

Xperia XZ用にTPUケースを購入したのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

【LEPLUS】Xperia XZ 「CLEAR SOFT」ケース クリア 開封

スマホを購入して必ず購入するのはガラスフィルムとTPUケースですが、今回はLEPLUSのガラスフィルムと合わせて同社のTPUクリアケースを購入してみました。

Xperia XZのガラスフィルムは2.5D加工されているため、フィルムとケースの干渉を気にして、同じ会社なら大丈夫だろう!という予想を行い、購入に至った次第です。

では実際どうだったのか、開封・感想を以下の通りです。

IMG_1759.JPG

こちらがLEPLUSのTPUケースです。

価格が1000円程度で非常に安価な部類のケースなのですが、パッケージは結構高級感がありますね。
IMG_1760.JPG

背面には特徴が記載されています。
IMG_1761.JPG

TPUクリアケースはこちら。極薄タイプではないので、ある程度の厚みがあるTPUになります。
IMG_1762.JPG

シャッターボタンと音量ボタンは完全にカバーされる形になっています。

指紋認証部分はディスプレイ側のベゼルを守るためか、上部が繋がっていますね。
IMG_1763.JPG

カメラ周りはこのように結構がっつりと空いています。IMG_1764.JPG

3.5mmイヤホンジャックとマイク部分も割と大きめに穴が空いています。
IMG_1765.JPG

SIMトレイ部分は最近のTPUでは珍しく、カバーをつけた状態でもSIMやmicroSDが取り出せるように穴が空いています。

個人的にはSIM、microSDを頻繁に出し入れしないし、 Xperiaの場合はこのスロットを引き出すと再起動になってしまうので、カバーされていなくてよかったかも。

実際に使ってみた感想。

IMG_1766.JPG

TPUケースを装着したところです。サイズ感はぴったり、厚みはそれなりにあるので、やや全体的に大きくなりますが、グリップ力が上がるので、手からこぼれ落ちにくくなります。

また、前回レビューした、LEPLUSの全画面保護ガラスフィルムとの干渉ですが、TPUケースを装着することでガラスフィルムが浮いてしまう、などの不都合はなく使用可能です。

予想していたよりもガラスフィルムが内側までしかカバーされていなかったことが要因で、ケースとの干渉が避けられたように感じます。
IMG_1767.JPG

背面はこんな感じ。ドットパターン加工されており、ハードケースのようなクリア感はありません。ややくすんだフォレストブルーといった印象になりますね。

少し残念なのがやや指紋が目立つところ。Xperia XZの背面にはメタルになっている関係上、指紋が取りにくい上、さらにケースまで指紋がつきやすいので、その状態で使用していると背面を見る気がしませんw

まぁ綺麗にしてから装着すると以下のようにピッカピカなのですけど。IMG_1768.JPG

カメラ周りのサイズ感はぴったりですので、撮影などの影響は皆無です。IMG_1769.JPG

上部の3.5mmイヤホンジャック周りです。

やや歪んでいますね。1000円程度のケースなので、そこまで求めていませんが、全体的にたわんでしまったり歪んでしまったりする所がちらほら見受けられます。IMG_1770.JPG

SIMスロット側。
IMG_1771.JPG

USB Type-C周りは結構がっつり空いています。サードパーティー製のUSB Cも楽々脱着可能。この辺は心配しなくても良さそうです。

IMG_1772.JPG

何度も言っていますが、ケースの厚みはそれなりにあるので、ディスプレイ側もやや盛り上がっています。ディスプレイ側を伏せておいた場合、画面と接触しなさそうなので、そういう意味では保護性能はあるかも。
IMG_1773.JPG

TPUケースとガラスフィルムの干渉具合。少しわかりにくいと思いますが、干渉はゼロです。

あと気になった点としては、電源ボタン部分です。ベゼル側のTPU素材がやや干渉気味で、指紋認証時、電源ボタンを押した時に指と干渉します。

最初かなり不快で、指紋認証もしにくいといった印象を持っていましたが、Xperia XZの指紋認証精度が大幅に向上している事もあり、認証に失敗することはありません。

指と干渉するのが嫌な場合、このケースは避けたほうがいいかもです。

まとめ

IMG_1780.JPG

全体的にやや作りが気になる点はあるものの、全画面保護ガラスとの干渉はなし、サイズ感もそこそこ、そして安いという、最低限のケース性能を有したTPUケースとなっています。

とりあえず本命のケースを見つけるまでに一時的に使用するケースとしても、いい選択肢になるのではないでしょうか。もちろんこれをメインに使用し続けるのも問題はないです。

詳細は以下より確認してみてください。