Xperia XZをモバイルバッテリーとして使う方法と使ってみた感想!緊急時には使えそう。

Xperia XZをモバイルバッテリーとして使うことができるため、実際に設定し、使用感をチェックしてみました。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

Xperia XZをモバイルバッテリーとして使う方法

まず必要なものですが、Xperia XZの充電端子であるUSB Type-Cを使用する為、この端子に接続可能なケーブルが必要です。

USB Type-C to microUSB Type-B&lighteningケーブル、みたいな物が一本あればいいでしょう。

あと必要なものはXperia XZと充電対象のデバイス、以上3点です。

続いて接続方法ですが、以下の手順で接続します。

  1. Xperia XZに接続ケーブルを接続
  2. Xperia XZの「USB機器の検出」をONにしておく
  3. 接続ケーブルを充電対象デバイスに接続
  4. 接続方法に関する通知が表示されるので、それをタップ
  5. USBの使用に表示されている「電源の供給」をタップ
  6. 充電対象デバイスが充電されていることを確認

DSC00080.JPG

以上で完了です。

Screenshot_20161220-235515.png

「USB機器を検出」Screenshot_20161220-235648.png

ケーブルを接続すると通知に出ていくる”接続に関する”通知をタップ。
Screenshot_20161220-235652.png

通知をタップしたら「電源の供給」をタップ。

実際に試してみた感想

手持ちのデバイスとして、今回は充電対象をiPhone7Plusとしました。

iPhone7Plusのバッテリ容量は2675mAhとなっており、Xperia XZは2900mAh。

ややXperia XZが多いと言った状況ですが、以下のバッテリー残量で、2時間ほど放置してみました。

  • iPhone 7 Plusは67%。
  • Xperia XZは80%程度。

結果はご覧の通り、Xperia XZのバッテリーが27%までダウンしています。

代わりにiPhone7Plusのバッテリー容量は20%アップの87%まで回復しました。

1時間に10%程度ですので、とても満充電するほどの能力はないですね。

Screenshot_20161218-234804.png

まとめ

結果としては、Xperia XZ自体のバッテリ容量がそこまで大容量ではない為、「バッテリー容量が小さめのデバイスに対して、緊急時に使用するには有り」と言った印象を持ちました。

iPhone7PlusのようにXperia XZと同等レベルのものへ充電することはできますが、あまり実用的ではないですね。やるとしてもどうしてもそのデバイスを緊急的に充電して、少し使用する、と言った限定的な条件下で、生きる機能かなと思いました。

ただのスマホであるXperia XZを緊急的かつ限定的にですが、モバイルバッテリーとして使用することができることには意義があると思うので、「モバイルバッテリーとして使えること」「使い方」については覚えておいても損はないと思います。


▼実際に使用した接続ケーブルはこちら▼