Xperia Z5を体験!Xperiaアンバサダーミーティングに参加してきました【in大阪】

Xperia Z5シリーズの発売を機に、Xperiaアンバサダーミーティングが大阪で開催され、当選したので参加してきました。
イベントの様子を写真と共に簡単にレポートしたいと思います。
DSC04811.JPG

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

Xperiaアンバサダーミーティングの流れ・雰囲気など雑感

当日は会場の準備の影響で、若干開始時間は遅れてしまったものの、19時30分から開始されました。

私自身も結構ぎりぎり(集合時間は~19時15分まで)に到着したこともあり、会場してから少し遅れて入室といった形になってしました。
席に着くと、さっそくお弁当などのお土産があり、「これが噂のXperia飯か…」と少し感動しました。
DSC04730.JPG
(今回は明太子弁当だったのですが、こんなに大量に明太子を食べたことがなく、結構苦戦しましたが、味はおいしかったです(笑))
そうこうしている内に、アンバサダーミーティングが開始。
DSC04731.JPG
基本スライドを通して、Xperia Z5を中心としたお話をしていただいた後に、Z5での進化点をご説明いただきました。
ミーティングの終わりごろ、「『だから私は、Xperia。』という題材で、本当はグループディスカッションをしたかった」そうですが、そんな時間全然取れませんでしたね。。
では時系列順に↓
DSC04732.JPG
「だから私は、Xperia。」
最近はこのCMよくみます。(特にYoutubeのSONY Xperiaチャンネルでは)
これ、本当に実際に使っている人に出演していただいているようです。
DSC04733.JPG
大企業某果物には及ばないものの、AndroidではシェアNo.1ということで、自信を見せておられました。
私もいろいろなAndroid端末を所有してきましたが、結局Xperiaに戻ってきてしまうんですね。
防水、音楽(特にデジタルノイズキャンセル)機能はXperiaが一番だと思います。
DSC04734.JPG
最初の方は、Xperia Z5のラインナップなど、カタログに載っているような内容のものを、さらっと説明してもらいました。
最初、説明員の方からは「端折っていいか?」ということを言われていましたが、実際SONYの人から聞くのはあまり経験がないので、直接製品の説明を聞けて良かったです。
DSC04735.JPG
Xperia Z5とZ5compactでは、背面がフロストガラスになっています。
口で説明しにくいのですが、サラサラ、サワサワ?といった感じで、とにかく肌触りがいいです。
ガラスも高級感が有っていいのですが、指紋が目立つので、今回のZ5の背面はとてもいいと思います。
(Z5 Premiumもフロストガラスでよかったような気もするけども・・・・)
DSC04736.JPG
Z5 compact。
(先日発売開始しましたね、フレームにつなぎ目がないので、デザインは結構気に入っています。)
DSC04737.JPG
Z5 Premium。
クロームは完全に背面が鏡だそうです。
女性が使う場合は、手鏡代わりになりそうですね。
男性が使う場合、ちょっと色々と気を付けたほうがいいかも・・・???
DSC04738.JPG
フロストガラスの説明。
汚れが目立たない&残らないように、かなり試行錯誤されたそうです。
DSC04739.JPG
電源ボタン。
今回から指紋認証機能が実装されることになって、形状が変更になっています。
今まで突き出ていたのが埋没式に。
ただし押し具合を損なわないよう、角部を面取りしているそうです。
この部分にも非常に拘ったとのこと。
DSC04741.JPG
Z4で色々言われている熱暴走については、Z5ではヒートパイプを追加、サイズを大きくし、熱分散も考慮したとのこと。
Z4を持ち合わせていない(回避した)ので、単純に比較はできないのですが、Z5を実際に使っていると、確かに熱は持ちますが、持ち手の部分には熱が伝わらず、主に上部(縦持ちの場合)で熱が発散されている感じの熱の伝わり方でした。
DSC04745.JPG
次はカメラについて。
Z4比で、カメラのセンサー部の面積はそのままに、有効画素数を向上。
DSC04746.JPG
オートフォーカスも0.03秒と高速に。
DSC04747.JPG
インカメも強化(ここは、Z4と同様とのこと)
DSC04748.JPG
カメラのアプリも充実させているとのことです。
DSC04749.JPG
メインカメラの高画質化、インカメ、カメラアプリの進化も相まって、よりみんなでも個人でも楽しめることができるカメラへ変貌を遂げています。

ここからZ5の進化した点をさらに詳細に説明

基本的な説明が終わると、実際に設計をされている方たちによる説明がありました。
今回残念なことに、デザインだったか、機体だったかの担当者の方が来られないとのことでしたが、カメラモジュール担当の方に、カメラ部分の詳細な進化点を説明いただきました。

カメラについて

DSC04750.JPGDSC04751.JPGDSC04752.JPG
DSC04753.JPG
SONY αの技術を活用し、従来のコントラストAFと位相差AFを組み合わせることで、どんな時も高速・高精度でフォーカスを合わせることが可能になったとのこと。
(色々専門的な要素があり、あまり頭に入ってこなかったですが、「すごい技術なんだな!」ということは伝わりましたよ!)
DSC04754.JPG
実際にOtherA(Z4)、otherB(某銀河だったかな?)、Z3+と、フォーカスの追従性を比較した動画。
Z5が断然フォーカスが合うのが早かったです。
手前に電車が通ると電車にフォーカスが合い、通り過ぎて背景だけになると、すぐさま人形のほうにフォーカスが合う。
DSC04755.JPG
カメラのブレにも強くなっているそうです。
低照度になると、フレームレートを落とすために、どうしてもブレブレカクカクの動画になりやすいですが、これを電子式手ブレ補正でカバーしています。
iPhone6s Plusでは光学式が採用されていますが、やはりかなり難しい技術となるそうで、現状SONYでは、電子式手ブレ補正でカバーしているとのこと。
DSC04757.JPG
上記の後に表示された手ブレ検証動画を見る限り、今の所は手ブレ補正で十分かなと一体印象を持ちました。

お次はオーディオ関連

DSC04758.JPGDSC04759.JPG
DSC04760.JPGDSC04761.JPG
今回初めてハイレゾとデジタルノイズキャンセリングを両立したとのこと。
ただし、専用のイヤホン(というかヘッドセット)が必要になるので、どんなイヤホンでもOKというわけでもないとのこと。
私もデジタルノイズキャンセリング機能には大変お世話になっています。(特に電車で)
帰りに電車で試してみましたが、いい感じにノイズを消してくれて、音楽も小さめの音量設定でクリアに聞こえました。
DSC04762.JPGDSC04763.JPG
ウォークマンで採用されているDSEE HX。
Xperia Z5にも乗っけてしまったそうです。
残念ながらハイレゾ対応ヘッドセットも、ハイレゾ音源も持っていないので試せないのですが・・・。
(これを気に買ってみようかな・・・・?)
DSC04764.JPG
イヤホンを自動認識して、最適な音で鳴らすように最適化してくれるようです。
アップル製品のついてくるイヤホンでも、そのイヤホンに適した音を鳴らしてくれるとのこと。
DSC04765.JPG
LDAC(エルダック)にも対応。
DSC04766.JPG
ステレオスピーカーはZ2から変わらず搭載。
Z2の前に使っていた機種はZなのですが、Z2から搭載されたステレオをdocomoショップで聞いて、音の良さをすごく感じて、結局機種変更しました。
そんなに耳が良いわけではないですが、素人でも音質の違いが分かるほど、モノラルとステレオの差は大きいと感じます。
DSC04767.JPG
バイノーラル録音。
ミーティングでは専用ヘッドセットがないこともあり、試すことはできませんでしたが、家に帰って左側にテレビがある状態で録画してみたところ、バイノーラル録画でないのとあるのでは大違いなほど、音の臨場感が異なっていました。
イヤホンを着けている状態で録画が必要なので、ちょっと場所や状況を選んでしまいそうですが、臨場感でいうと単体で録画するの段違いです。
(の割に、SONYさんも大々的にこの機能を使えることを伝えていないのは、すごくもったいないと感じましたね。)

ディスプレイ

DSC04768.JPGDSC04769.JPGDSC04770.JPG
ディスプレイ部には、ブラビアの技術をZ5でも採用し、より豊かな色彩を再現できるとのことです。
実際にON、OFFすると、違いは一目瞭然。
DSC04772.JPG
高コントラストで、花火もきれいに撮れる。
DSC04773.JPG

パフォーマンスについて

DSC04774.JPG
Z4に引き続き、クアルコムのS810を搭載。
DSC04775.JPG
熱暴走にも考慮しているとのことで、Z4よりは安心して使える(と信じています)

その他

スライドショーを用いた説明の最後には、Z5で楽しめるコンテンツなどについてのお話をしていただきました。
以下、写真でご覧ください。
DSC04776.JPGDSC04777.JPG
(早くZ5 Premiumほしいなぁ)
DSC04778.JPGDSC04779.JPG
(4K動画からの動画切り出し機能実装は地味に期待しています)
DSC04780.JPG
iPhone6sと同程度の速度で指紋認証ロック解除が可能です。
めっちゃ便利!
DSC04781.JPGDSC04782.JPGDSC04783.JPGDSC04784.JPG
アイコンサイズや文字サイズもカスタムしやすく。
DSC04785.JPGDSC04786.JPGDSC04787.JPG
説明していただいた方がこのアプリの存在を知らなかったようで;
かなり便利ですよ!ちなみにTorneアプリもありますから!!(アプリ買いましたが、ムービーアプリ、TVsideView、Torneアプリ、どれか一つに統合してください・・・。)
DSC04788.JPGDSC04789.JPGDSC04790.JPG
LED電球スピーカー。
実際に使ている方もいるそうで、天井付近から音が流れるので、お店とかでは有益なようですね。
私も存在は知っていましたが、ちょっとお高くて手が出ません(確か三万弱だったかな?)
DSC04791.JPGDSC04792.JPGDSC04793.JPGDSC04794.JPGDSC04795.JPGDSC04796.JPGDSC04797.JPGDSC04798.JPG
感覚を揺さぶるもの
XPERIA

コミュニケーションタイム

Z5の魅力を説明してもらったあと、後半は実物を見ながら説明をしていただいたり、Z5 Premiumの4Kを体験することができました。
DSC04743.JPG
Z5シリーズと周辺機器。
DSC04744.JPG
4K体験ができるコーナーとZ4/5の分解コーナー。
DSC04800.JPG
Z5 compact。
DSC04801.JPG
アクションカムとレンズスタイルカメラ。
DSC04802.JPG
私も使っているSmartWatch3とSmartBand 2!(と小窓付きカバー?)
DSC04803.JPG
DSC04809.JPG
今回お借りすることになったZ5。
DSC04804.JPG
Z5分解。
DSC04805.JPGDSC04808.JPG
4Kマン(と呼ぶことになりそうです)
DSC04812.JPG
↑こんなのを被って、先端の窪みにZ5 Premiumを差し込んでHMD風に鑑賞しました。
鑑賞した感想ですが。
「Z5 Premium用のヘッドマウントを発売してください!」というくらい、ディスプレイがきれいで、音も良かったです。
被ってみた感想は、映画館を最後列から見た感じでしょうか。(若干遠くから見ている感じです)
被っていることで、若干暑かったですけどね。
流して頂いた映像は最新作の007の4K動画でした。
docomoのZ5 Premiumを購入すると、今回鑑賞した動画が保存されているので鑑賞できるとのことです。
なお、ヘッドマウントを発売する計画は全くない、とのご回答を頂いております。(残念です)
DSC04810.JPG
ハイレゾ対応イヤホン(ヘッドセット)、ヘッドホン。
DSC04811.JPG
Z5 Premiumやハロ(Bluetooth Speaker BSP60)、ゲームコントローラーマウント GCM10。
Premiumの背面の鏡加減が半端ない!です。
DSC04813.JPG
お土産袋。
DSC04814.JPG
最後に、早速Twitterでアンバサダーの実況をされている方のコメントを実況しつつ談笑しつつディスりつつ、楽しいミーティグは終了しました。

まとめ

今回初めてブロガーを対象としたアンバサダーミーティングに参加しましたが、直接SONYの方から説明を聞けて、Z5の魅力がよく伝わりましたし、実際購買意欲も向上しました。(特にZ5 Premium)
今回、Z5の開発機(ソフトバンク版)をお借りすことになりましたので、あと3週間弱使わしてもらい、感想をちょくちょく上げていきたいなと思います。