AraeのiPhone 11 Pro用背面手帳型ケースを買ってみてわかった事とは?【レビュー】

Apple
スポンサーリンク

どうも、GadgeReです!

iPhone 11 Proを使っているみなさん、いいケース見つけましたか?

僕は昨年、iPhone XSと純正のレザーフォリオケースを一年間使ってきて、組み合わせは良かったものの、操作する度にフラップを開閉するのが結構苦痛で、手持ちしている時もプラプラと蓋がぶら下がっているのが気に食わなかったので、今年購入したiPhone 11 Pro用のケースは絶対に「背面側に手帳機能があるものにしよう!」と思っていました。

色々探した結果、Araeというメーカーから発売されている背面手帳型ケースに行き着いたので、「Araeの背面手帳型ケースのレビュー」と「実際に使ってみてどうだったか」について、今回シェアしておこうかと思います!

スポンサーリンク

AraeのiPhone 11 Pro用背面手帳型ケース

Araeという聴き慣れないメーカーだったので、買うのに躊躇していましたが、Amazonの口コミもそこまで悪くなさそうだったので、突撃してみました。

商品名は「iPhone 11 Pro ケース 手帳型 ワイヤレス充電対応 米軍軍事規格 スマホケース iPhone 11 Pro カバー Arae カード収納 ポケット付き アイフォン11 プロ 2019新型 5.8インチ 対応用 財布型 ケース (ブラック)」という風に、「できるだけ検索にヒットさせたい!」って思惑が滲み出てる、長ったらしい製品名になっていますが・・・

パッケージは結構ドギツイ蛍光色系。
基本簡素な梱包でした。メッセージカードとか説明書とかも簡素で、「子供のおもちゃの説明書」っぽい物も入ってました

一応潰れないようにスポンジでガードされていますが、全体的にTPUというよりプラスチッキーな感じの素材です。背面は合皮の手帳形状になっており、カメラ部分はL字になっています。厚みはこんな感じ。

決して細身、軽量の部類のケースではないですが、「しっかりも持ってくてる感」を味わえる丈夫そうなケースです。

装着したところ、ガラスフィルムには干渉せず、スルッと付けれました

全画面タイプのガラスフィルムと干渉しない
ガラスフィルムの厚みと、ケースの厚みが丁度一緒くらいで、ディスプレイ側が面一に

外し易くもあり、僕のように家用のケースと着せ替える人は丁度いい硬さのケースです。
背面はタピオカカメラ(トリプルカメラ)を大きくくり抜かれているので、干渉しません。

Lightningコネクタ・スピーカー部分
マナーモードキー・音量ボタン部分
厚みは結構ある。

磁石で止めるタイプなので、フラップ部分がプラプラしないですが、その分厚みがてしまっている感じです。

内側は3つのカードを収納できるスペースがあります。

磁石はフラップと本体側に1つずつ対に貼り付けられています。MAXで入れるとこんな感じ。

本体側のカード収納部は定期とか、出し入れが頻繁なカードを入れておくと取り出しやすいです。フラップ側にはちょっとしたポケットがあり、カードも入れることができます。

多分、基本的にレシートとか、駐車券とかを一時的に入れておくポケットを想定していると思います。

無接点充電Qiに対応している、ということで試してみました。フラップを開けた状態でないと全く充電は開始されませんが・・・フラップを完全に開いた状態で、少し置き場所を調整して充電器に置くと、無事充電が開始されました。一応、説明通りQiには対応しているようです。

スポンサーリンク

実際に使ってどうだったか?

イマイチなポイント①:素材がややチープ

製品価格が1000円程度とかなり安価な部類に入るケースなので、高級感を求めるのは少し酷ですが、やっぱり少しチープです。

特にカード収納部分のビニール素材が、少しヨレているのが勿体無い

イマイチなポイント②:厚みが結構ある

製品名に「米軍軍事規格」とあるので、軽量薄型ケースではないことは理解していましたが、想定よりも厚みがあり、ケースのエッジ部分が角張っていることもあり、持ち心地は少し硬い印象です。

ただ慣れる範囲のものなので、そこまで気にはならないかな。

良かったポイント①:カードの収納部分が多い

常用しているカードがYahooカード、定期+磁気カードなので2つは絶対にポケットが必要だったのですが、今回紹介しているケースは3つの収納+ポケット1つなので、結構な収納力があります。これは嬉しいポイント!

良かったポイント②:カードを出さずに自動改札機を通れる

もちろん、磁気干渉シートと定期とiPhone 11 Pro本体の間に噛ます必要はありますが、フラップ側に定期を入れて、改札を通るときにフラップだけを改札機にタッチすると、引っかかることなく通過できました。

iPhone本体裏にカードを差し込むタイプだと、iPhoneのNFCが優先されてしまうのか、ほぼ確実に改札で引っかかっていたのですが、フラップ側に定期を入れることにより、iPhoneと干渉しなくなるようです。大満足。

良かったポイント③:付け外しが楽

僕は外で使用するケースと、家用のケースを分けています。

そこで問題になるのが「ケースの付け外しのし易さ」。

基本家用はTPUケースなどの薄型軽量モデルを使うので、そちらの付け外しはほぼ問題なのですが、外向けのケースって頑丈に作られている物が多く、付け外しが非常にしにくいモデルがあります。

今回の手帳ケースは、柔軟な硬めのTPUっぽい素材で出来ているし、ディスプレイ側まで覆わないタイプなので、非常に付け外しがし易いです。僕にとってはポイント高いですね。

良かったポイント④:合皮の手触り・デザインが目立たなくて良い

1000円程度のケースって品質にバラ付きがあって、当たり外れがありますが、今回のケースは背面側のフラップ部の合皮の手触り感が結構良いと思います。

マークもさりげなく隅にあるだけなので、デザイン面でも誇張してなくてGOOD

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

背面にカードを収納するケースは色々ありますが、今回のAraeのケース、少し安っぽいところはあるものの、1000円程度で購入できるので、気になった人は一度試してみてはどうでしょうか?

僕の中では「安い背面手帳型ケース」部門でオススメできるケースかなと思っとります!

コメント