iPhone11Pro開封レビュー|タピオカカメラは伊達じゃない【ファーストインプレッション】

Apple
スポンサーリンク

2019年9月20日に全世界で発売開始されたiPhone 11 Pro。

僕もこのビックウェーブに乗っかり、無事発売日に手に入れることができました。

(クロネコヤマトが配達してくれたけど、9時台に届けてくれた。やっぱりクロネコヤマトは早くていいねぇ)

今回はiPhone11Proのミッドナイトグリーンを購入したので、話題のタピオカカメラを含め、外観を中心にレビューしたいと思います!

スポンサーリンク

iPhone 11 Pro 開封!

実はiPhoneをApple Storeで購入するのは初めて

発売日に本当に届くのか心配でしたが、予定通り配送されてきましたよ。

Appleの製品は綺麗に梱包されてて好印象で、今回もさすがアップルって感じの梱包。
アマゾンも見習って欲しいほど。最低限の方法で安全に商品を固定できてますね〜。

てことで本体。今回はブラックのパッケージ。

なんかiPhone 7 Plusのジェットブラックを思い出すな〜。

確かあの時はジェットブラックだけ品薄で、10月くらいに手に入れたような…。

iPhone 11は白パッケージみたいですね。

選んだモデルを軽く説明しておくと、iPhone 11 Proのミッドナイトグリーンで、ROMは256GBをチョイスしました。

決め手は「手頃なサイズ(MAXはでかすぎ)」「価格(64GBだと容量が少ない、512GBだと高くなりすぎ)」。

今回のモデルは(タピオカ)カメラの機能強化が著しいみたいなので、4K動画を撮ることのある自分としては、512GBを選んでもよかったかな?とも思いますが、直前にGalaxy Note 10+を個人輸入したこともあり、少しグレードを落としました。

全部真っ黒。

今回はパケージを開けると、タピオカレンズがドーン!と目につくようにiPhone 11 Proが登場してくれます。

確かXSの時は説明書などのシートが一番上にあって、その下にiPhone本体が収納されていた気が。

まぁ見た目はXSとXではほぼ変わっておらず、目新しさもなかったので、アピールする必要もなかったんでしょうけど。

本体をチェックする前に同梱品をチェックしていきます。

と言ってもいつもの説明書とかアップルシールとかイヤホンとかは変わらず、なのですが、大きく変わった点が1つ

充電器がUSB Type-C用のものに代わり、大型化&高出力になりました。ケーブルも片側はType-Cケーブルのライトニングケーブルに変更されています。

ではお待ちかね。タピオカレンズ

ん〜やっぱり目立ちますね。直前にTwitterで「iPhone 11のカメラデザインは黒塗り潰しの方がよかった?」というアンケートしたのですが、7割程度「黒塗りつぶしが良い」という結果に。

iPhone XSと11 Proを比較

こう見ると、フロスト加工された11 Proの背面が非光沢で、落ち着いたデザインに変更されていて今までにないiPhoneって感じ。

Xperia Z5でも同じような加工がされていて、手触りも結構似ていました。

ちなみに手触りはサラサラで、指紋もよっぽど汚い手でない限り、着きにくい感じです。

カメラの出っ張り自体はあまりないので、横からのインパクトは少なめ。

真正面から見ると目立つんだけど、横から見ると目立ちにくい、これがiPhone 11 Proのタピオカカメラデザインです。

側面のバンパー部分は背面とは打って変わってバリバリの光沢仕上げ

ただミッドナイトグリーンだから、そこまで目立たない

スポンサーリンク

データ移行は超簡単

iPhoneのデータ移行ですが、今はiPhone同士で直接完結できます。

左がiPhone XS、右がiPhone 11 Proですが、iPhone 11 Proを起動して、端末を近づけると自動でデータ移行ツールが立ち上がって、そのままデータ移行のクイックスタートが開始

準備としては、iPhone XSをiOS 13へアップデートしておくこと

なぜかというとiPhone 11 ProがiOS13で、iOS13自体も従来のOSから機能が変更されているため、データ移行をスムーズにするには、移行元と移行先のOSのバージョンは揃えとく方がトラブルが少ないから。

最初、移行時間は最初1時間かかると、表示されていましたが、実際データ移行し、iPhone 11 Proが立ち上がるまでにかかった時間は30〜40分程度

アプリなどの再インストールは別途行われるので、全てが落ち着くまで、2時間くらいでしょうか。

スポンサーリンク

iPhone 11 Proのカメラ、超広角とナイトモードが機能大幅アップ!

ではiPhone 11 Proの目玉とも言えるカメラ性能についてチェックしておきます。

まだ外での撮影はできていませんの室内撮りになっちゃいますが、それぞれ撮影した物を記載しておきますね。

超広角

広角(標準)

2倍

10倍(デジタルズーム)

今回室内かつ被写体までの距離が近いですが、明らかに超広角の画角が広い&歪みも少ないですね。

標準および2倍ズームに関しては、iPhone XSと正直それほど差は感じず。

デジタルズームもMAXまでズームですると、少し画質の粗が見える感じに。綺麗だけどね。

お次はナイトモード

iPhone XS

iPhone 11 Pro

まず画面の明るさが全く違うことがわかりますね。

iPhone 11 Proの撮影では最大3秒間の撮影補正が行われて、肉眼以上の明るさで撮影ができるようになっています。(短くすることも可能)

なのでiPhone XSよりも明るい写真が撮れるみたい。

画像を見比べると、ノイズの載り方も割と綺麗目に補正がかかっていて、鮮明に写っていますね。下手なコンデジよりも綺麗に撮れます。

スポンサーリンク

まとめ:カメラは、もうiPhone11Proでいいんじゃない?

少しの間ですが使ってみた感想としては、「もうカメラはiPhoneでいいな」って点ですね。

「タピオカカメラ」「集合体恐怖症」なんて揶揄されているiPhone11Proですが、見た目以上に性能は抜群

高級コンデジのRX100シリーズなんかと比べると、暗所性能などに差があるでしょうが、手軽さでいうなら圧倒的にスマホの方が上。いつも持ち歩いてるし。

なので一眼レフカメラでなく、デジカメを買おうかなと思っている人&iPhone XS以前のモデルを使用している人は、iPhone 11 Proに一本化でいいと思います。

iPhone 11 Proは大手3キャリア、Apple Storeで購入可能!品薄で手に入りにくい場合もあるので、以下より予約して購入をお勧めします⬇️

auオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

Apple Store

 

次のページ→iPhone 11 Pro用に購入したガラスフィルムとケースをレビュー(coming soon…)

コメント