auの家族割プラスと旧家族割の違いは?家族間無料通話はどうなるのか調べた結果!

au
スポンサーリンク

auは5/13に従来プランより最大4割お得な料金プラン「au新ピタットプラン」「auデータMAXプラン」を発表しましたね。

新たに割引サービス「家族割プラス」も追加され、これに「2年契約」や「auスマートバリュー」の割引を適用することで、

  • 「au新ピタットプラン」:~1GB1980円、4GB2,980円、~7GB4480円
  • 「auデータMAXプラン」:容量無制限、5980円

で利用が可能になる、なかなかインパクトがあるプランでした。

 

ただ、今回も例外や但し書きが多々あり、その中でも「家族割プラス」が少しわかりにくい部分がありましたよね。

 

それは「既存の家族割と何が違うのかパッと見わかりにくい」という点。

 

既存のau持ちの方、全体の何割が家族割に入っているかわかりませんが、家族持ちや実家暮らしの人は、家族がau持ちだと大体家族割に入っているのではないでしょうか。

 

何といっても家族割に入っているメリットは「家族間通話が無料になる」という所かと思いますが、じゃあ「家族割プラス」になった場合、「家族間通話はどうなるの?」と思われるかと思います。

 

僕もその疑問に直面したので、auの公式HPをはじめ、auサポートの人に直に確認を取ってみました。

 

この記事では、「家族割プラスと家族割の違いとは?」「家族割プラスの家族がいる場合、家族間通話が無料になるのか」という疑問に対して、その結果を分かりやすく纏めてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「家族割プラス」ってなに?

まずおさらいとして「家族割プラス」の内容を確認しておきたいと思います。

(割引)
家族割プラス
2人 3人
新auピタットプラン
~1GBまで
-500円
-1000円
~4GBまで
~7GBまで
auフラットプラン7プラス
auデータMAXプラン

このように、家族割プラスは、対象プランに加入することで、家族割プラスの加入者数に応じて最大1000円の割引を受けられる割引サービスになっています。

 

ちなみに、家族割プラスに加入するのに必須の割引対象プランは

  • 新auピタットプラン
  • auフラットプラン7プラス
  • auデータMAXプラン

家族割プラスの人数にカウントのみ出来るプランは

  • auフラットプラン20/30
  • auフラットプラン25 Netflixパック
  • auフラットプラン5 (学割専用)

のみとなっています。

プラン以外の加入条件はかなり厳しく、

  • 同一住所の家族のみ
  • 対象固定通信サービス加入済みの別住所のご家族 (50歳以上)

となっています。

対象固定通信サービスとは・・・
【光サービス】auひかり (@nifty、@T COM (アットティーコム)、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net)、auひかり ちゅら・コミュファ光・eo光・Pikara (ピカラ光)・メガエッグ・BBIQ・ひかりJ
【ケーブルテレビ】J:COM・提携先ケーブルテレビ

※一部サービスは対象外となります。

※「ネット+電話」、「ネット+テレビ」、「テレビ+電話」を同一固定通信サービスでご加入の場合に限ります。

スポンサーリンク

「家族割プラス」と「家族割」の違いは?

では家族割プラスと家族割って何が違うのか?

一覧にしてみた結果がこちら☟

家族割プラス 家族割
加入条件 同一住所のみ 別住所OK且つ最大10回線まで
割引サービス内容 対象プラン値引き 家族間通話・SMS無料、無料通話分け合い※

※「2年契約」併用で基本使用料からの値引き有り

このように、「家族割プラス」は主にプランの割引に終始しているのに対し、「家族割」はプランの割引および家族間の通話やSMSなどのメッセージのやり取りも割引いている違いがあります。

スポンサーリンク

家族割プラスで家族間無料通話をつけることが出来ることが可能なのか?

「じゃあ家族割プランになると家族間通話やSMSが有料になるの?」と思われますよね。

そこで実際にauサポートの方とチャットで質問をして、回答を得られたのでご紹介していきますね。

GadgeRe人
GadgeRe人

新しく発表された「家族割プラス」について質問しても良いでしょうか。

お問い合わせありがとうございます!家族割プラスに関するお問い合わせでございますね。ご質問内容をお伺いしてもよろしいでしょうか?

GadgeRe人
GadgeRe人

ありがとうございます。

家族割プラスと家族割が混在している2人家族の場合、家族割にあった家族間通話はどうなるのでしょうか。

家族割と家族割プラスは別の割引サービスとなりますので、今まで通り、家族割グループ内の無料通話は適用されます。

GadgeRe人
GadgeRe人

家族割に加入の人が、家族割プラスに加入の人に通話しても、無料で、その逆も無料ということですね。家族割プラスと家族割は排他的な契約なのでしょうか。それとも家族割+家族割プラスという感じなのでしょうか。

家族割に『Aさん・Bさん』が加入。

家族割プラスに『Aさん・Bさん・Cさん』が加入とした場合、

『Aさん⇔Bさんの通話は無料』
『Aさん・Bさん⇔Cさんの通話は有料』

となります。

また家族割と家族割プラスは両方とも契約が可能な割引サービスです。

GadgeRe人
GadgeRe人

なるほど。最後に具体例を挙げて最終確認させてください。

 

【aさん】
旧データ定額プラン(例えばデータ定額5GB)契約で家族割
【bさん】
aさんと同一住所で契約かつ新auピタットプラン(1GB)に契約で家族割+家族割プラス

 

という組み合わせで、無料通話も実現可能、ということで間違いないでしょうか

上記の組み合わせても実現可能でございます。

 

ということで、何と「家族割」と「家族割プラス」は併用割引が可能とのこと!

 

名前が似ているだけかと思いましたし、実際両方とも割引サービスなので、重複適用できないかと思っていましたが、意外や意外、別サービス扱いで重複可能とのこと!これはうれしい誤算ですね。

 

記事執筆時、まだサービスは開始していないので、実際のところ、上記内容で割引が適用できるのか、確証はないですが、少なくともサポートの方のお墨付きは貰ったので、問題にはならないかと思います(実際に契約する際は、念入りに内容の確認をauショップ店員さんとする方が良いですよ)

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

家族割プラスと家族割との違いや、au新ピタッとプランで家族割プラスと家族割を適用した家族とは、旧プランの家族割とで家族間無料通話が可能ということが分かったかと思います。

 

最後に、家族割プラスのポイントを纏めておくと

  • 家族割プラスの適用条件は「同一住所」かつ適用対象プランを契約する必要がある
  • 家族割と家族割プラスは両方とも契約が可能
  • 家族割プラス自体には家族間無料通話の適用はないが、家族割も適用できる為、同一住所に住んでいなくとも、家族間無料通話することが出来る

という感じでした!

 

以上、参考になればうれしいです。

auオンラインショップ

コメント