iPad Air発表、特徴まとめ!スペック的に買いなのか?

Apple
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

2020年9月16日、Apple Eventにて新型iPad Airが発表されました。

スペック観点から「iPadは買いなのか?」をチェックしておきたいと思います!

スポンサーリンク

iPad Air発表、特徴まとめ!スペック的に買いなのか?

iPad Air(2020モデル)の特徴

iPad Air(2020モデル)の特徴を纏めると次の通り。

・カラーがシルバー、スペースグレイに加えローズゴールド、グリーン、スカイブルーが追加
・価格が62800円から(Wi-Fiモデル)※cellularモデルは+1.5万
・画面サイズ10.9インチのベゼルレスに。
・最新CPUのA14搭載
・Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioに対応
・Apple Pencil(2th)に対応
・ストレージは、64GB、256GB
・カメラはシングル(12MP広角)
・USB-C端子
・TouchIDがホームボタン(廃止)から電源ボタンへ移動
・FaceIDは非搭載

ザックリと纏めるとこんな感じ。

ホームボタンを廃止して全面ディスプレイになり、lighting端子を廃止してUSB-Cを搭載、カラーは5色展開に拡大し、TouchIDを電源ボタンに移動して統合。
CPUは最新のA14で性能アップを図りつつ、Magic Keyboardにも対応したiPad Air。11インチiPad Proか?とも思うほどのスペックUPが実施されています。

じゃあ「11インチiPad Pro(2020モデル)とどっちが買いなのよ?」という方には次の章「スペック的に買いなのか?」で11インチiPad Pro(2020モデル)と比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

11インチiPad Pro(2020モデル)と比較して買いなのか?

まず把握しておかないといけないのは、「11インチiPad Proとスペック差」。

以下がiPad Airと11インチiPad Proとの違い書き出したものになっています。

・iPad Proはシルバー、スペースグレイのみ、Airはさらにローズゴールド、グリーン、スカイブルーがある
・iPad Proは11インチ、Airは10.9なのでサイズ、解像度が少しだけ小さい
・iPad proのディスプレイはProMotionテクノロジーがあるがAirにはない
・iPad ProはA12Z、AirはA14なのでAirの方が最新CPU
・iPad Proの最大ROM容量は1TB、Airは256GBまで。
・iPad Proにある10MP超広角カメラはAirにはない
・iPad ProにあるLiDARスキャナはAirにはない
・iPad ProとiPad Airのサイズは厚みだけ違う(Pro:5.9mm、Air:6.1mm)
・iPad Proは4スピーカーだが、Airは2スピーカー。
・iPad ProにあるポートレートモードにはAirは非対応
・iPad Proにあるアニ文字にはAirは非対応

さらに分かりやすく表で纏めたのがこちら↓

spec Pro Air
カラー 2色 5色
ProMotion
ディスプレイ 11inch 10.9inch
CPU A12Z A14
最大ROM容量 1TB 256GB
超広角カメラ
LiDAR
厚み 5.9mm 6.1mm
スピーカー 4つ 2つ
ポートレート
アニ文字

Proの最小構成だと84,800円から開始、Airは62,800円から開始なので、価格差で言えば2.2万円の開きがあります。
これが価格差が上記スペックの差ということですね。

AirはProから随所スペックダウンを図った「廉価版Pro」という見方が良いのかもしれません。

最終的に、iPad Airをオススメ出来る人は以下に該当する人かなと思います!
・今までProが高額で手が出なかった人
・「Proほどのスペックは不要(自分にはオーバースペック)」と思っていた人
・廉価版iPadは「USB-Cじゃない」「ベゼルレスでない」「Apple Pencil(第二世代)未対応」という理由で見送っていた人

当てはまる人は、間違いなく「買い」であると思います!

また、逆に次の点がどうしても妥協できない人は「iPad Pro」がおすすめ!
・さらに高音質が良い(4スピーカーがいい)
・ProMotionは譲れない
・iPadでも超広角が使いたい!
・iPadでもLiDARセンサーが欲しい(ポートレート撮影したい)
・FaceID搭載が良い(アニ文字使いたい)

11インチiPad Proユーザーの僕からひと言言える事としては、iPadで動画や絵などを作成しない限り、上記機能差は大したものではないので、断然お安い方の「iPad Air」をお勧めします!

iPad Airは10月から発売開始予定です。

 

コメント