Android Wear 2.0が発表されたがSmartWatch 3はアップデート対象にならず。

GoogleよりAndroid Wear 2.0が正式に発表されました。合わせてアップデート予定のAndroid Wear搭載スマートウォッチも発表されています。

スポンサーリンク
記事内広告

Android Wear 2.0を初搭載するスマートウォッチはLG Watchシリーズ

Wear2.0でリリースされるスマートウォッチですが、GPSトラッキング、心拍センサーなどの機能を有している全入り「LG Watch Sport」と、それら機能を一部省き、デザインを重視した「LG Watch Style」の2つ

発売日は2月10日から、ですので発表から発売までが非常に早い。ただし日本での発売は現時点で未定となっているようです。

Android Wear 2.0でできるようになること

Wear2.0でできることとしては以下の通り。

  • ウィッチフェイスの切り替えが容易に。
  • アプリの直接ダウンロード
  • スタンドアローンでアプリ使用可能(スマホ要らず)
  • Android Pay利用可能
  • メッセージ返答の際、音声入力または手書き入力による返信が可能
  • Google Assistantに対応

メジャーアップデートということで、LTEに単体で通信可能ですし、アプリダウンロードもスマホ入らずに。またAndroid Payにも対応したので、ほぼApple Watch series2に追いついた(Apple WatchはLTE単体通信不可なので追い抜いた?)感じですね。

OSのアップデートに対応する既存のスマートウォッチ

今回のOSアップデートで、対象となるスマートウォッチは以下の通り。

  • ASUS ZenWatch 2 & 3
  • Casio Smart Outdoor Watch
  • Casio PRO TREK Smart
  • Fossil Q Founder
  • Fossil Q Marshal
  • Fossil Q Wander
  • Huawei Watch
  • LG G Watch R
  • LG Watch Urbane & 2nd Edition LTE
  • Michael Kors Access Smartwatches
  • Moto 360 2nd Gen
  • Moto 360 for Women
  • Moto 360 Sport
  • New Balance RunIQ
  • Nixon Mission
  • Polar M600
  • TAG Heuer Connected

src:Google

残念ながらSONYから2014年に発売されたSmartWatch 3に関してはAndroid Wear 2.0へのアップデート対象外となっています。

SmartWatch3は、AndroidWear発表当初では珍しくGPSを搭載しているスマートウォッチでした。次は心拍センサーあたりを搭載してAndroid Wear 2.0を搭載した円形モデルのスマートウォッチをリリースして欲しいところですが、お財布機能をベルトに搭載したWenaがあるので、当分新作は出ないかも。今在庫処分特価となっているSmartWatch3をなんとか持たせつつ、次期モデルが発表されるのを気長に待つしかなさそうです。