iPad Pro 9.7ケースレビュー第3弾!Apple Pencil機能収納ケースSwitchEasy coverbuddy for ipad pro 9.7

SwitchEasy様より、Apple Pencilが収納できるiPad Pro 9.7用ケース、coverbuddy for ipad pro 9.7をご提供していただいたのでレビューしたいと思います!

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

開封の儀

ということでケースを見ていきたいのですが、SwitchEasy様は台湾の会社のようで、ブログ始まって以来初めて海外から製品が届きました。

IMG_0614.JPG

ケース自体はPU素材と思われますが、なんとも簡単な包装になっています。

海外宅配便は結構雑に扱われる印象があるのですが。

製品自体は潰れていなかったので、結果オーライですけども。(というのかAmazonが過剰包装なだけ??)

IMG_0615.JPG

一応、エアクッション的なものは入っています。

IMG_0616.JPG

こちらが箱です。

Apple Pencilの収納できる部分がよく見えるようにクリア素材となっています。

IMG_0618.JPG

裏面は製品説明に成っています。説明文に日本語が入っているので、いずれは日本でも発売するつもりのようですね。(現時点でAmazon,ヨドバシでは検索に引っかからないです)

IMG_0619.JPG

バーコード。

IMG_0620.JPG

商品説明(拡大)

同梱品

IMG_0621.JPG

同梱品は以下のとおり。

  • ケース本体
  • クリーナー
  • Apple Pencilのケース部につけるアタッチメント

IMG_0622.JPG

画面クリーナーをレビュー前に使ってみましたが、結構汚れがすぐ落ちたので、お気に入りになりそうです。

ケース本体

ではケース本体を見ていきましょう!

IMG_0629.JPG

下部です。スピーカー部は覆われていますが、lighteningコネクタ部は大きめにくりぬかれています。

純正でないlighteningケーブルでも充電可能でした。

IMG_0630.JPG

上部です。こちらもスピーカ以外は大き目にくり抜かれていますね。

IMG_0631.JPG

背面から見て左側面です。音量ボタン部が覆われていません。

IMG_0632.JPG

その反対側はSmart CoverやSmart Keyboardが装着できるようになっているため、角の部分しかガードされていません。

Smart Coverなどをつける前提のケースかもしれませんね。

IMG_0628.JPG

背面から見るとこんな感じ。

素材感

IMG_0627.JPG

ご提供していただいたケースのカラーはスペースグレイですが、クリア素材ではなく、マットな質感となっています。

しっとりとしているような素材で肌触りは良好。

傷に強いかは使ってみないとわかりませんが、私は好きな質感です。

滑りにくいので特に。

IMG_0626.JPG

Apple Pencil収納部です。(機能については後述します)

アタッチメントで普通のケースに!

IMG_0625.JPG

同梱品として付属していたアタッチメントに取り替えることで、通常のケースにすることも可能です。

このアタッチメントを使うと、若干ですがケースよりとびれる形になります(がそんなに気になりませんでした)

IMG_0624.JPG

こんな感じ。

使ってみた

実際にiPad Pro 9.7に装着してみて少し使ってみたので、使用感などをレビューしたいと思います。

装着

IMG_0634.JPG

サイズはピッタリサイズです(当たり前ですね・・・)

IMG_0638.JPG

背面。

IMG_0639.JPG

カメラ部。サイズ感もピッタリ。

スピーカー、カメラとフラッシュ、音量ボタン、電源ボタンなどサイズに狂いはありませんね。

IMG_0640.JPG

スマートコネクタ部です。

何か付けないとむき出しになってしまうので、Smart Coverを買おうか思案中・・・。

IMG_0641.JPG

本体下部。サイズピッタリ。

Apple Pencilを収納してみた

ではこのケースの目玉となるApple Pencilを実際に収納してみましょう。

IMG_0643.JPG

ペンは途中まですんなり入りますが、この位置で少し押し込む力が必要になるように設計されているようです。

そのまま力を込めて入れると、

IMG_0645.JPG

収納することができます。

IMG_0646.JPG

真ん中のくり貫かれている部分から下にスライドすると、

IMG_0647.JPG

ペンを取り出せます。

反対側から入れれるか?

IMG_0648.JPG

ペンの挿入方向があるのか試してみましたが、上から入れても下から入れてもどちらも収納可能でした。

ですので利き手に関係なく使用できそうです。

ペン収納部でグリップ力アップ!

IMG_0650.JPG

ペンの部分はどうしても飛び出るので、テーブルに置くとどうしても傾いてしまいますが、手に持って使うこともあるiPadを縦持ちにした時、この突起がちょうどグリップする位置になるため、右利きの人にはかなりグリップ力がアップします。

ただしこの持ち方はペンが挿入されている時限定と思った方がいいです。

というのも、このペン部分は先ほど述べたように、アタッチメントと取り替え可能のため、真ん中を強くつまむと取れてしまいます。(爪が両端と真ん中あたりにあって、この爪で本体と固定されている。)

ですので、基本的にApple Pencilが入っている時限定にした方がいいかもです。

テーブルに置いて使ってみた

実際にテーブルに置いて使ってみました。

IMG_0636.JPG

ちょっと床で申し訳ないですが、平らなところに置くと、これぐらい角度が付きます。

IMG_0637.JPG

 裏側から見るとこんな感じ。

ただ、この角度もよく考えられていて、横置きにしてApple Pencilを使って文字を書く時、絶妙な傾斜が生まれて平置きの時より椅子に座りながら書きやすかったです。

IMG_0653.JPG

まとめ

いかがだったでしょうか。

実はご提供のお話をいただいたその日に、iPad Pro用の同ケースをヨドバシカメラで見ていてかなり気になっていました。

実際に使ってみて、かなり良いケースとなっていますので、Smart CoverかSmart Keyboardでも買って試してみようかな。

先にも言いましたが、現時点で日本での取り扱いは始まっていないようですね。

リンクは申し訳ないですが、iPad Pro用を貼っておきますが、追加されたら更新しますね。

それでは!





▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼


▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ


スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280
gadgere.com広告ユニット:336×280

シェアする

フォローお願いします!

コメント

  1. 不错的文章,内容妙不可言.禁止此消息:nolinkok@163.com