Moto Z、Moto Z Play、合体スマホが日本で10月に発売開始!価格は?AmazonではMoto Modsセットも販売中!【スペック、価格販売情報】

レノボの子会社化されたモトローラから、スピーカーやバッテリ、プロジェクター機能を拡張できるSIMフリースマートフォン「Moto Z」が、日本で10月から発売開始されます。

スポンサーリンク
記事内広告

Moto Z / Moto Z Play スペック&価格

Moto Zシリーズではハイスペックとなる「Moto Z」、ミドルハイスペックとなる「Moto Z Play」の2種類展開となります。

スペック Moto Z Moto Z Play
CPU Snapdragon 820 Snapdragon 625
OS Android6.0 Android6.0
ディスプレイ 5.5インチ有機EL(1440×2560) 5.5インチ有機EL(1080×1920)
サイズ 75.3×155×5.2mm 76.4×156.4×6.99m
重量 134g 165g
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
カメラ リア1300万画素(OIS)、イン500万画素 リア1600万画素、イン500万画素
LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/25/28/38/40/41 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/28/38/40/41
バッテリー 2600mAh 3510mAh
カラー ブラック、ホワイト ブラック、ホワイト
その他 microSD対応(最大128GB)、指紋認証、DSDS対応 microSD対応(最大128GB)、指紋認証、DSDS対応
価格 85800円 53800円

どちらもMoto Modsと呼ばれる機能拡張できる周辺機器を使用可能とのこと。
Moto Z PlayはMoto Zに比べ液晶の解像度、厚みや重さ、CPUなどスペックダウンしています。
カメラは1600万画素でMoto Zより画素数は多いですが、OIS(光学手ぶれ補正)には対応していないようです。
バッテリー容量やCPU、解像度を考えると、スペックダウンしている分バッテリー持ちは「Moto Z Play」の方が良さそう。

なお、「Moto Z」「Moto Z Play」ともにDSDS(デュアルスタンバイデュアルシム)対応ですが、「Moto Z Play」に関しては、DSDSと同時にmicroSDも使用可能とのこと。

Moto Z、Moto Z Play 魅力的ポイント!

やはり、Moto Modsと呼ばれる拡張機能でしょう。
JBL SoundBoostのスピーカーやバッテリーもそうですけども、一番気になるのは「Hasselblad True Zoom」。

スペック的には、光学10倍ズーム、キセノンフラッシュ、RAW対応ということで、デジカメさながら。

脱着もマグネット方式で、接続も接点があるため、BluetoothやWi-Fiのような無線方式による遅延は皆無のようです。

moto z moto mods.png

 Moto Z Play+Hasselblad True ZoomセットモデルはAmazonでも予約販売開始(2016年10月2日時点)しており、値段は89208円。

スマホとデジカメを買うより断然お得です!

Amazonでも取り扱い開始!

Moto ZシリーズのAmazonでの取り扱いがすでに開始しています。
Moto Modsとのセット販売も予定しているので、予約は早めにしておいたほうがいいかも。


本体単体やJBL SoundBoost Speaker、Moto Insta-Share Projector、Power Pack、Moto Style ShellもAmazonで取り扱い開始中です。
▼AmazonでMoto Zシリーズをチェック▼

[Moto Z]

▶︎Moto Z 64GB ブラック

▶︎Moto Z 64GB ホワイト

▶︎Moto Z 64GB ホワイト&モトローラ JBL スピーカー

▶︎Moto Z 64GB ホワイト&モトローラ JBL スピーカー

▶︎Moto Z 64GB ホワイト&モトローラ Incipio WLC バッテリー

▶︎Moto Z 64GB ホワイト&モトローラ プロジェクター

[Moto Z Play]

▶︎Moto Z Play 32GB ブラック

▶︎Moto Z Play 32GB ホワイト