RICOH、新型THETAを2017年内に発売!THETA S/SCと比較チェック。

RICOHは2017年内に360°撮影可能なTHETAの新型を発売予定と発表しました。スペックなどをチェックしておきます。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

新型THETA 2017のスペック概要

公式ホームページにて新型THETA 2017の仕様が載っています。要約すると、

  • 360°4K30fps動画撮影に対応
  • 4chマイク搭載で空間音声記録に対応
  • 4K 360°のライブストリーミング対応
  • Android OSを搭載し、アプリによる機能拡張が可能に。

と言ったところ。

THETA S/SCと何が違うのか。

THETA Sは2015年、THETA SCは2016が発売されました。スペック比較は以下の通り。

製品 THETA S THETA SC
OS
サイズ 44×130×22.9mm 45.2×130.6×22.9
重さ 約125g 約102g
カラー ブラック ベージュ,ホワイト,ブルー,ピンク
有効画素数 約1200万画素(×2) 左同
静止画解像度 5376×2688 左同
静止画撮影モード オート(ノイズ低減、DR補正、HDR),シャッター優先,ISO優先,マニュアル オート(ノイズ低減、DR補正、HDR,シャッター優先,ISO優先,マニュアル
撮影機能(静止画) インターバル撮影,インターバル合成,セルフタイマー,マルチブラケット インターバル撮影,セルフタイマー
動画解像度 1920×1080(30fps) 左同
連続録画時間 25分 5分
ライブストリーミング UVC,HDMI
外部インターフェース USB,HDMI USB
内蔵メモリー 8GB 左同

src:RICOH

もともとTHETA SとSCは、Sがハイスペックモデル、SCがスタンダードモデル的な立ち位置。SについてはフルHD録画を25分間、ライブストリーミングに対応しているのに対し、動画撮影時間を5分間に、ライブストリーミングやHDMIの搭載省き、1万円ほど価格帯を下げたモデルがSCとなっています。

対応OSはiOS、Android、PCと変わりませんが、動画をメインとしないライトユーザー向けに舵を切っている、といった印象。

THETA Sを後継機種を待ち望んでいた人にとっては去年2016年モデルとなるTHETA SCは少し肩透かしに。

今回THETAの新型が2017年内に発売予定とのことで、最近の動画のトレンドとなる4Kを取り入れてきました。

仕様はまだ確定していないようですが、OSにアンドロイドOSも採用しているようで、アプリによって機能拡張ができるみたい。Androidを搭載するメリットがTHETAシリーズにあるのか、未だイメージが掴めない状態ですが、Androidスマホとの親和性は高まりそう。

まとめ

THETA Sを見送っており、SCにもあまり魅力を感じなかったので、新型THETAの仕様を早く知りたいですね。

新型THETAは4月22日〜27日に開催されるNAB(National Association of Broadcasters)で参考出展とのこと。