Kindle Oasis(2019・10世代)Newモデルが29980円~で登場|発売は7月24日から。IPX8、色調調整可能に。

Amazon
スポンサーリンク

2019年7月24日より、2019年NewモデルのKindle Oasis発売開始されます。

特徴についてチェックしておきたいと思います。

スポンサーリンク

Kindle Oasis(2019・10世代)の特長

  • 【新機能】色調調節ライトを初搭載(ホワイト⇒アンバーへ変更可能)
  • 7インチで段差のないフラットベゼル
  • 解像度は300ppi
  • 防水IPX8
  • ページ送りボタン搭載
  • 本物の紙のような読み心地
  • 最新e-ink技術採用でページ送りも軽快

新機能として、色調調整ライトが搭載され、フロントライトを寒色系のホワイトから暖色系に調整できるようになりました。

深夜寝る前や、部屋の明るさを暗めにしているときなど、寒色系のホワイトだと目が非常に疲れますよね。今回、色調調整できるようになったことで、目への負担がかなり減りそうです。

IPX8の防水性能は「継続的に水没しても内部に浸水しない」。

JIS規格(保護等級)JIS規格(保護種類)保護の程度IEC規格JIS・IEC混成表記
8水中形継続的に水没しても内部に浸水しないIPX8JIS IPX8
7防浸形一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しないIPX7JIS IPX7
6耐水形あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がないIPX6JIS IPX6
5防噴流形あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がないIPX5JIS IPX5
4防沫形あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がないIPX4JIS IPX4
3防雨形鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がないIPX3JIS IPX3
2防滴II形鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がないIPX2JIS IPX2
1防滴I形鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がないIPX1JIS IPX1
0無保護特に保護されていないIPX0-

お風呂で浸水させてしまっても安心ですね。

その他、従来のデザインを踏襲しますが、7インチで段差のないフラットベゼルで解像度は300ppi、明るさ自動調整機能など、着実に進化しています。

発売日は2019年7月24日。

スポンサーリンク

Kindle Oasisのバリエーション

Kindle Oasisのバリエーションは次の通り

  • ストレージ:32GB、8GB
  • 広告:あり、なし
  • 4G:Wi-Fiのみ、Wi-Fi+4G

広告いるいらない?ストレージはどれを選べばよい?4Gは必要か?については、Kindle paperWhiteの下記の記事に纏めているので参考にしてください。

Amazon Kindle PaperWhiteの選び方|32GBと8GB版どっちがいいの?広告なしの方がいい?4Gいる?

ストレージ8GBで広告あり、4Gなしの最小構成だと、29980円

広告なしにすることで、31980円と2000円プラスに。

4G対応はストレージ32GBモデルだけ。4Gをつけると最も高額の40980円と、8GB+広告なしモデルより9000円プラスになります。

スポンサーリンク

Kindle Oasis (Newモデル) アップグレードキャンペーン

Kindle Oasis (Newモデル) アップグレードキャンペーン」ということで、旧モデル (第9世代以前) を持っているユーザー向け※に、10世代のNewモデルが20%OFFになるキャンペーンを実施するとのこと。

第10世代のKindle、Kindle Paperwhite、Kindle Oasisの購入歴がない人のみ

期間は2019年6月19日(水)22時~2019年7月23日(火)23時59分まで。

対象者がかなり絞られてる感があります。色調調整機能がどうしても欲しい場合は買い換えも視野に検討しても良いかもしれませんが、旧端末をどうするの?ともなりますし、安くはないので、あまりいないだろう、ということなんでしょうね~。

コメント