Galaxy Note 10+を海外個人輸入するために検討した事|どのモデルを買う?おすすめのショップどこ?

Galaxy
スポンサーリンク

Galaxy Note 10が8月上旬に発表されましたよね。

現在Galaxy Note 8を使用しているわけですが、そろそろ2年経過するという事で、国内スマホメーカーの情報も集めつつ検討しているのですが、Galaxy Note 10の海外モデルが早くも8/26ごろから発売開始したということで、興味を持ったので、このページでは「海外個人輸入するのに調べたこと」を纏めてシェアしたいと思います!

スポンサーリンク

Galaxy Note 10/10+には主に2種類のバリエーションがある

今回購入を検討しているのはGalaxy Note 10+の256GBモデルなのですが、調べると複数のモデルがあることが分かりました。

主にCPUで大きく型番が分かれ、それに加えストレージおよびRAM容量に異なるバージョンの製品に分かれているようです。

Galaxy Note 10+だと以下のバリエーション

型番:N9750 Qualcomm SDM855 Snapdragon 855版
  • Galaxy Note 10 Plus Dual Sim 256GB 12GB RAM
  • Galaxy Note 10 Plus Dual Sim 512GB 12GB RAM
型番:N975FD Exynos 9825 (7nm)
  • Galaxy Note 10 Plus Dual Sim 256GB 12GB RAM
  • Galaxy Note 10 Plus Dual Sim 512GB 12GB RAM
N9750とN975FD スペックの違い

N9750

N975FD

via:Etoren.com

違いはCPUだけですね。対応周波数にも違いは見られません。

Galaxy Note 10と10+で大きく違うのはディスプレイサイズとRAM容量(8GBか12GB)、あとはカメラのTOFが搭載しているかいないか、microSDカードスロットがあるかないかです。

深度を測定できるTOFには興味があるし、microSDは個人的に必須と思いますので、Galaxy Note 10のサイズ感でS Pen搭載は魅力的なんですが、やはりGalaxy Note 10+の方が僕は魅力的に感じています。

スポンサーリンク

どこのサイトで買うべきか?

種類について理解できたところで、「じゃあどこで買う?」となりますよね。

複数の通販サイトや海外製品の個人輸入をしているブロガーさんのブログ記事を見まくった所、総合的に評価が高い傾向なのは以下の二つ。

それぞれ特徴は次の通りだそうです。

Expansysの特長
  • 値段が安い傾向にある
  • 時間は少しかかるけどヤマト運輸で配達が選べる
  • 関税は受け取り時に支払う(個人輸入、高額商品なら製品の6割×消費税)
Etorenの特長
  • 値段はExpansysよりは高いが、国内の海外スマホ取扱店よりは安い
  • HPが完全日本語対応で分かりやすい
  • 日本語でサポートしてくれる
  • 関税込みの値段が記載されていて、Amazonなどの通販サイトと同じような感覚で購入できる
スポンサーリンク

まとめ

安さを取るならExpansys、日本語サポートの充実でそこそこの安さを重視するならEtorenといったところのようですね。

サイトがすっきりしていて分かりやすかったこともあり、今回はEtorenに挑戦してみようと思いました。

次回→「Etorenで初めて個人輸入をしてみた(個人輸入のやり方)」coming soon…

コメント