iPad Pro 11 2020の防水ケースはある?探して見つかったケースをまとめて紹介!

Apple
スポンサーリンク

iPad Pro 11の2020年モデルが発売され数か月が経ちましたね。

夏に向けて水辺でiPadを使う機会が増えると思いますが、皆さんは防水ケース使ってたりしますか?

僕は最近風呂に入るとき、iPhone 11 Proとソニーの防水スピーカーでYouTubeを視聴しているのですが、もっと大画面で見たい欲が出てきまして、急遽「iPad Pro 11 2020モデルの防水ケース」を探してみることにしました。

ちょっと意外な結果だったので、纏めておきたいと思います!

スポンサーリンク

iPad Pro 11 2020モデルの防水ケースは存在する?

結論から言ってしまうと、「存在はする」なのですが、「兎に角種類が全然ない」んです。

タブレット全般に対応した防水ケースというか袋ならいくらかあるんです。

こんなの↓

ただ、経験上、微妙に空間が開いてしまい、その空間の空気と外気の温度差で曇ってしまうことが結構あります。

曇ると、やがてそれが水滴に変わり、最悪iPadを濡らしてしまい故障の原因にもなりかねません。

また、そんなものを使うくらいならジップロックで十分じゃね?と思っちゃいます。

どうせならちゃんとしたものを使いたいわけなのですが、探せど探せど全然見つからない

「マジですか~!」

と思っていたところ、割と良さげなものがあったので、次にいくつか特徴と共に紹介します。

スポンサーリンク

Chenyi製「iPad Pro 11 防水ケース」

商品はこちら

Chenyiという聞きなれないメーカーから発売されている「IP68対応」を謳っているiPad Pro用の防水ケースです。

見た目的には、ちょっとした耐衝撃用ケースですが、割とベゼル部はシャープでスタイリッシュに見えますね。

Apple Pencilを装備することのできる溝もちゃんと要されているようでだし、各種インターフェースへのアクセスもよさそう。(ただ写真ではなぜか第一世代Apple Pencilになってる…)

画面側にはPET素材のクリアフィルムがあるようです。

背面ケースの中央部はPC+TPUのクリアカバーになっており、カメラ穴、SmartConnectの端子もケース側に装備しているみたいですね?

このケースの強みは防水ケースだけではなく、Magic Keyboardに対応しているところでしょうか。(実際に使えるのかは、少し信じがたいですが…

ケースをつけたiPad Proが、磁力で維持できるのか?気になる点はありますが、常用出来そうなケースに仕上がっており、非常に気になりますね。

ただし、多分OEMで類似品多数あり

調べてみて分かったのですが、おそらく先ほど紹介したケースはOEM製品だと思います。

というのも非常によく似たiPad Pro用防水ケースが検索で出てきました。

これ↓

こちらは口コミがあり、ボタン位置など気になるところはあるようですが、割と強固な作りであるとの意見有り。

スポンサーリンク

Doo製「iPad Pro 11 2020防水ケース」

もう一つは先ほど類似品でご紹介したDoo製のiPad Pro用防水ケース。

こちらは先ほどの製品に比べ、通常のケースと思えるほどスッキリとした外観になっています。

IP68に対応を謳っているし、耐衝撃にも対応とのこと。

ケースの構成も大体一緒ですが、こちらはMagic KeyboardやApple Pencilには対応してないようですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、iPad Pro 11 2020年モデルに対応した防水ケース纏めでした。

記事執筆時、2種類しか見つけられませんでした。

発売から間もないからか、少し種類が少ないみたいですね。

良さげなケースが追加され次第、このページに追加していきたいと思います!

コメント