2018年のiPhoneはXs、Xs Max?ほんまかいな?って話

Apple
スポンサーリンク

2018年のiPhoneが9月13日に発表されようとしていますが、次期iPhoneの名称が二転三転しています。

スポンサーリンク

2018年 大判iPhoneはiPhone XS Maxか

6.5インチのiPhone、今までならiPhone 7 Plusなど「Plus」がつくのが通例となっていました。

9to5mac.comによると、今年のモデル、iPhone Xsシリーズからは6.5インチの大画面モデルを「iPhone Xs Max」と呼ぶ、と報じています。

Max、ほんまかいな?何がMax?

これまで「Max」がスマートフォンの名称になったものとして直ぐに頭に浮かんでくるのは、ASUSの「ZenFone Max」。

この製品の特徴は、当時一般的なスマホの倍である5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、スペックを抑えたことで長時間駆動を実現したスマートフォン。コスパがいいと一時期話題になっていました。

iPhoneでの「Max」では何が「Max」になるのか全く予想つきません。

普通に考えたら「画面がマックスサイズ」なんですが、6.5インチモデルのスマートフォンは結構一般的になりつつあります。(縦長ディスプレイが主流になっているので)

相当な特徴が無い限り、「Max」という名称がネタになってしまいそう…。

インチで呼んだ方がしっくりくる

iPhone 7 Plusなどの名称でも慣れているので全然OKなんですが、「Max」はどうにも慣れない、というのかAppleらしくない気がします。

これまで上位モデルなどはPlusの他に「Pro」を使用してきたApple製品。

MacBook Pro、Mac Proに採用されているし、iMac Proも最近登場しましたよね。

なので、「Max」はどうにも慣れない。

どちらかと言ったら、MacBookと同じように、「iPhone インチ数 20xx」とかの方がすっきりしていて、まだいい。

本当に「Max」という名称で出してくるのか、何が「Max」なのか、期待せずに待ちたいですね。

コメント

  1. […] その様子は「2018年のiPhoneはXs、Xs Max?ほんまかいな?って話」をご覧いただき、失笑してください。 […]