iPhone11Proをauで機種変する場合とSIMフリーで購入する場合の費用を調べてみた

Apple
スポンサーリンク

どうも、こんにちはGadgeReです。

iPhone11Pro、安く買いたいですよね。

そこで!

タイトルにもある通り、今回は超個人的な場合の「iPhoneはauで機種変すべきか?Apple StoreでSIMフリーを買うべきか?」どちらが安いのか、整理してみました。

かなり特殊な条件も含めての検討なので、あくまで参考ということでよろしくお願いします!

スポンサーリンク

現在の状況

まず現在の状況を書き出しておきます。

  • 回線:au(継続年数17年)
  • 使用端末:iPhone XS 256GB
  • プラン:カケホライト+データ定額(5)、スマートパス、スマートバリューあり、端末保証2台分(iPhone X、iPhoneXS=2500円程度)、毎月割諸々で月額7000円くらい
  • auウォレットポイント:5292ポイント
  • 機種変更キャッシュバッククーポン:5000ポイント分(プラン制限あり。後日au wallet還元)
  • 家電量販店(ヨドバシカメラ)ポイント:3833ポイント
  • JCB商品券(ヨドバシカメラ使用可能):10000円分
  • 端末購入サポートの残り:2710円×12ヶ月=32520円

端末購入サポートというのはauだと「毎月割」と言われる端末割引ですね。

今のプランは、政府主導の法改正で過度な値引きや、通信契約と端末購入を紐づけての割引が禁止されたことにより、廃止されています。

なので毎月-2710円の端末サポートは結構でかいです。

スポンサーリンク

どの端末を買うか?

まずトリプルカメラを採用しているiPhoneしか眼中にないので、自動的にiPhone 11は選択肢から外れます。

ということでiPhone 11 ProまたはiPhone 11 Pro Maxのいずれか、となりますが、今までの経験上、iPhone 11 Pro Maxレベルの大型ディスプレイを搭載しているスマホは僕の手には馴染まないので、消去法でiPhone 11 Proに。

容量に関しては、iPhone 11 Proシリーズの4カメラ同時録画の使用量が気になるところではありますが、価格とのバランスをみて256GBが妥当。

カラーに関しては、やはり今回のiPhone 11 Proの新色「ミッドナイトグリーン」が気になる。

ということで、僕はiPhone 11 Proの256GB、カラーはミッドナイトグリーンを狙うことにしました。

スポンサーリンク

auで機種変更した場合

このまま、例年通りauで機種変更した場合、僕が購入検討しているモデルに関しては税込141984円。

端末本体を一括購入した場合、auウォレットポイント、ヨドバシポイント、商品券をフル活用して、141984-19125=122859円。

ウォレットポイント還元まで考慮すると117859円となります。

※家電量販店(ヨドバシなら1%還元)とか考えるとあと少しだけ下がりそうですが、一旦この状態が最安とします。

※機種変の際、事務手数料(2000〜3000円)と、店舗受け取りの場合はその店独自の頭金などが加算される可能性があります。なのでその場合はプラス5000円くらい(12.2万円くらい)考えていた方がいいかも?

 

なお、この方法だと、毎月割はつかない上に、今使っているiPhone XSの毎月割も消滅します。

何が起きるかというと、「通信費の爆上げ」。

僕の回線契約状況だと、プランを変更しない(データ定額(5))でいけるなら、端末購入サポートが消えた分だけ通信費が上がるので、月額9500円くらいにはなります。(たかい・・・)

あとは端末の延長保証であるApple Careを解除してなんとか前と同じ月額費(7000円)程度へ近づけるといったところでしょうか。

auの新料金プランである新ピタットプランやデータMAXプランなどへのプラン変更は必須かもしれません。

スポンサーリンク

Apple Storeで購入した場合

ではApple Storeで購入した場合はどうなるのか。

まず端末代が132624円。

auウォレットや家電量販店のポイント、商品券は使えないので端末の割引はなし。

よって132624円がストレートに乗っかって来ます

ただ、SIMフリー機であるのでauのSIMを刺せば普通に接続できるはず。

つまり毎月割がついた回線のまま使えることになります。

なので月額は7000円のまま。(残り12ヶ月だけですけど)

さらに端末保証を全て解除すると-2500円程度になるので、月額4500円になります。

スポンサーリンク

ランニングコスト込みで考えると・・・

iPhone XSの端末購入サポートをフルで活かせるここ1年のランニングコストで考えてみると、次の通り。

auで機種変した場合、端末代が実質117859円。月額が7000円と仮定すると一年のランニングコストは117859円+(7000円×12ヶ月)=201859円

Apple Storeで端末購入&プランそのままとした場合、端末代が132624円+(4500円×12ヶ月)=186624円

差額15235円程、Apple Storeで購入した方が安い計算になります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

auで機種変の方は、僕自身の独自の状況により、色々割引されているわけで、みなさんと共通している点はauウォレットポイントのみでしょう。

auウォレットポイントも人によっては年5000円程付与される人もいれば、数十ポイント〜数百ポイントしか付与されない人もいるので、それらを考慮すると端末の値引きはほとんど無いに等しい、といった状況になるかも。

少なくとも、あと一年は回線そのまま且つApple StoreでSIMフリーのiPhone 11 Proを購入することで凌ぐのが得策、という結論に至りました。

 

既存回線も含め全てを見直すのでしたら、auオンラインショップで機種変もいいと思います。

auオンラインショップ

またはMPNで他者回線に移行するも検討して見た方がいいかも?

ドコモオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

コメント