auのAQUOS U SHV37が11月18日より発売中!お安くて程よいスペックなので両親に良さそう。

auから発売開始したシャープのAQUOS U SHV37。

スペック的に目立たないスマートフォンですが、代わりに端末価格が大幅に抑えられています。少しチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

AQUOS U SHV37のスペックと価格

au-aquos-u-shv37

spec AQUOS U SHV37
OS Android 6.0
CPU Qualcomm Snapdragon 430
解像度 1280×720
ROM 16GB
RAM 2GB
サイズ 71×143×8.3mm
重量 137g
バッテリー 2700mAh
外部メモリ microSD(MAX256GB)
防水防塵 IPX5/8,IP6X

とこんな感じ。
スペックは、クアルコムのS430で主にローエンド向きのCPUになっています。
メモリ容量は16GB、RAMが2GBということで、一昔前のスペックですね。

ただ、日本のキャリアから発売されるだけあって、防水防塵には完全対応しています。

au-aquos-u-shv37-02
Androidなので外部メモリであるmicroSDカードが使用可能という点はiPhoneよりもアドバンテージがあります。

スペックが低いですが、代わりに価格も相当抑えられています。
auオンラインショップでの価格が一括37880円となっていて、昨今グイグイと成長を見せるMVNOからリリースされているSIMフリースマートフォン程度です。

また大手キャリアからリリースされる利点として、auスマートパスに加入することで実質19800円まで安くなります。
(スマートパス未加入は27576円)

シャープ独自の便利機能「エモパー」「ヒカリエモーション」搭載

「エモパー」とは天気予報や検索で急上昇しているワード、ニュース、をタイミングに合わせてお知らせしてくれる機能。
「ヒカリエモーション」は、電話着信、終話、画面ロック解除、エモパー発話時、充電時に色でお知らせしてくれる機能。
ここらへんは、如何にも日本人が作るような便利機能となっています。

キャリアを離れられないご両親にオススメ

格安SIMの認知度がどんどんと上がっていますが、正直なところ、50歳前後ぐらいのご両親をお持ちのご家庭では「大手キャリアの方が何かと安心」といって格安SIMにはなかなか流れないのではないでしょうか。

この「AQUOS U SHV37」はスペックを格安スマホ程度まで落とす代わりに、価格をガラケー程度に抑えられたスマホに仕上がっています。

詳細は以下「オンラインショップで予約」にあるauオンラインショップよりチェックしてみてください。