Android搭載の投射型デバイス、Xperia Touch(G1109)が発売決定!【価格/発売日/情報】

Android搭載の投射型デバイス、Xperia Touch(G1109)が日本国内で6月より発売開始されます。

スポンサーリンク
記事内広告

Xperia Touch(G1109)スペック/価格/発売日

Xperia Touch(G1109)スペックは下記の通り。

スペック Xperia Touch(G1109)
OS Android™7.0
CPU 1.8GHz(デュアルコア) + 1.4GHz(クアッドコア)ヘキサコア(Snapdragon 650)
内蔵メモリ(RAM) 3GB
内蔵メモリ(ROM) 32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB)
通信 Wi-Fi:11 a/b/g/n/ac
サイズ 約69 x 約134 x 約143 mm
質量 約932g
NFC 対応
Bluetooth®標準規格 Bluetooth® 4.2
Miracast sink 対応
接続端子 USBタイプC(給電/データ転送)、HDMIタイプD(入力用)
センサー マイク/加速度/地磁気/GPS/ジャイロ/照度/気圧/気温/湿度/人感
光源 レーザーダイオード
投射方式 SXRD・3原色液晶シャッター投写方式
表示素子 0.37型 SXRD x 1、1366 x 768 画素
フォーカス 電動(オートフォーカス)
プロジェクターサイズ 約23~80インチ
明るさ 100 lm
カメラ 有効画素数約1300万画素
タッチコントロール 赤外光検知型(マルチタッチ 最大10点)
サウンド 2Wayステレオスピーカー
電源 USBパワーデリバリー 15V
内蔵バッテリー容量 約1200mAh(内蔵リチウム)
使用時間(バッテリー使用時) 約1時間

src/via:Sony

Xperia Touchは、CES2016でXperia projectorとして発表されたタッチ操作可能なプロジェクター型デバイスです。
今回製品版となり、Xperia Touchとしてリリース。Android7.0を搭載しているので、イメージとしてはコンセプトモデルの時の

「Xperia projector」の方がピンと来るかもしれませんね。
RAMは3GB、ROMは32GB、バッテリー駆動も可能となっており、1時間程度、明るさ100ルーメンの映像を投射可能となっています。
重さは1㎏を切っているので、その気になれば外への持ち運びも可能。
投射した映像をタッチ操作できるサイズは23インチまでとなっているので、その点は注意が必要ですね。
なおAndroidを搭載している関係か、PlayStation 4 RemotePlayに対応。壁面へ投射して大画面ですゲームする事もできるようです。

タッチ操作でプレイできるのか気になるところ。

6月9日より予約受付開始、6月24日から発売開始となります。
価格は149,880円(税抜)。

在庫状況はソニーストアをチェックしてみてください。

>>ソニーストア<<
icon

まとめ:欲しい、がしかし・・・

如何せん値段が高い気がしますね~。とりあえず、ソニーストアあたりで動作確認でもしてこようかな!

キノ
Xperia touch、5万円くらいなら買いたい・・・!