iPad Pro 11インチを買いました|Smart Keyboard Folio使い始めてちょっと思った事→キー打ち易い【報告】

Apple
スポンサーリンク

Appleが10月30日に発表した新型iPad Proシリーズ。

怒涛の11月1日予約合戦に無事、勝利し、発売日当日に手に入れる事ができました。

Smart keyboard Folioについて、ちょっと思ったことがあったので報告しておこうかと思います。

(別で詳細レビュー記事を出す予定)

スポンサーリンク

膝上でタイピングがすごい楽になった

いままでのiPad ProのSmart Keyboardは側面にマグネットで固定する関係で、iPadの大きさに3つ折りにキーボードが収納されるスタイルでした。

今回のiPad ProのSmart Keyboard Folioは、マグネットが背面に行ったことにより、前面にキーを、背面に固定用の板が来て、2つ折りになりました。

これにより、キー側が一枚板になったので、iPad Proを置いた時の不安定感や、太ももの上に置いた時のグラつきが完全に解消されました。

Surface Proのように背面スタンドが格納されているわけではなく、Smart Keyboard Folioの機能では2段階の角度調整しか出来ませんが、旧iPad Proから比べてものすごい快適

打鍵感はSmart KeyboardとSmart Keyboard Folioで大きな違いは無いと思います。

手触りに関しても、質感、キーの加工共に一緒だと思われるので、Smart Keyboardを使っていた人は違和感なく使用ができると思います。

むしろ旧商品を使っていた人は、今回のSmart Keyboard Folioの進化をより実感できると思いますよ!

スポンサーリンク

2万円は高い。

非常に良くなったSmart Keyboard Folioですが、1つ残念な点があります。

それは値段

わかっていたものの、キーボードに2万越えの出費はかなり痛い

質感、機能面など、色々考慮されての価格だと思いますが、1万円程度に抑えてもらえると非常に嬉しいところなんですが、Appleは高級ブランド化した為、製品自体も超高級路線に突っ走っていますね。

スポンサーリンク

まとめ:買って損はなし

高いけど、iPad Proをカバーして、キーボードも付いてくるということで、現段階では一番スマートに、機動的に使える商品だとは思います。

無理して買う必要はないと思うけど、お金に余裕があるなら買ってみてはいかがでしょうか?

コメント