USB給電可能なAPOSEN電気シェーバーをレビュー|小型で旅行、会社用に最適

レビュー
スポンサーリンク

どうも、GadgeReです!

毎朝髭剃りめんどくさくてゲンナリ中の筆者です。

 

男性の朝の髭剃りに頼もしい見方である電気シェーバーですが、APOSENのUSB充電タイプのシェーバーをご提供いただいたので、開封レビューと「実際使ってどうだったのか?」という点についてシェアしたいと思います!

スポンサーリンク

APOSEN 電気シェーバー 開封

APOSENの電気シェーバーがこちら。

デザインは昔ながらの「THE電気シェーバー」て感じですが、何やら真ん中から先端にかけて透明なカバーがついていますね。パッケージには電気シェーバーの仕様がずらりと並んでいます。一応IPX5に対応しているようです。
同梱品は説明書、剃毛用カミソリ替え刃、microUSBケーブル、電気シェーバー本体の4つ。

サイズ感は手のひらサイズ。黒い部分はマットで滑りにくい素材になっています。

背面はこんな感じ。充電は1.5H、バッテリー容量は800mAhとのこと。少し拡大してみていきます。髭剃り側の上部は脱着ボタンが備えられておりシルバー部分の替え刃の部分が簡単に外せるようになっています。外すとこんな感じ。
真横から見るとこんな感じです。少しだけ湾曲しており握り易いです。通常のシェービングはこちらの替え刃で髭を剃ります。
剃毛用はこちら。左右の突起部分が高速で交差することでシェービングが出来るようです。

スポンサーリンク

実際に使って思ったこと

ここからはASPOSENの電気シェーバーを実際に使って感じたことをご紹介します。

剃り味は値段にしては上出来

基本的に毎日毎朝髭を剃るので、髭が超長くなることはないのですが、1日程度空けて今回の電気シェーバーを使用してみた所

「値段の割に結構いいやん」

って感じで気に入りました。

髭が短いの分かりにくいですが…

数回スライドすれば綺麗に剃れます

「値段の割」ということですが、ASPOSENの電気シェーバーの値段いくらだと思います?

 

 

正解は記事執筆時で「2800円」!

正直めちゃ安いですね…

しかも2019年10月一杯はさらに500円OFFクーポンが適用できるとのこと。実質2000円チョイで買えます。

USB充電いいね!

今年、長年使用していたPanasonicの電気シェーバーの替え刃が逝ってしまい、それからはジレットのカミソリを使っています。

Panasonicの電気シェーバーもバッテリーで動きますが、充電端子が独自コネクタでした。

その為、旅行先とかでは電気シェーバーに充電ケーブルを持っていかないといけませんでした。

でも今回紹介しているASPOSENの電気シェーバーは充電端子にmicroUSBが採用されています。

スマホとかの充電ケーブル1本あれば充電できるので、荷物を減らせるという意味では、旅行のお供に最適だと思います。

起動の仕方がユニーク

外観レビューで少し触れましたが、本体中央から替え刃を覆っているクリアケースですが、実は180度回転させることでスイッチのON、OFFが出来る機能を備えています。

普通の電気シェーバーは起動ボタンがあり、それを押す事で立ち上げると思いますが、ASPOSENの電気シェーバーは「カバーをスライドで起動」なので、一風変わっていて面白い。

またカバーも兼用していることで、カバーの紛失も防いでいるので一石二鳥!

メンテ用のブラシが本体に内蔵されている

電気シェーバーも定期的に手入れが必要ですよね。

僕が以前使っていた電気シェーバーにもクリーニング用のブラシが付属されていましたが、あれっていざ使うときに限って見つけられないんですよね…

でもASPOSENの電気シェーバーなら本体底面に小型ブラシが内蔵されています!

紛失の心配はなく、また「掃除したいな」と思ったときに「スッ」と出して「サッ」と掃除できるのは非常にGOOD

1点だけ注意あり

剃り味に関して、値段の割にイイネって書きましたが、何度も同じところを強く押し付けて剃らない方がいいです。

なぜなら剃った後に皮膚がヒリヒリしてしまうためです。

カミソリでも同じですが、力を入れすぎたり、角度が急すぎると肌を痛めてしまいます。

電気シェーバーも同じなんで、その点だけは注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

ASOPENの電気シェーバー、2000円台と非常に安いながら、結構多機能だと思いませんか?

僕は小旅行用または会社に置いとく用に使おうかと思っています!

今回ご紹介したASOPENの電気シェーバーが気になった方は☟よりチェックしてみてください。

コメント