AirPods落下防止に使えるアイテム!?EarPods用イヤーカバーを買ってみた!

AirPodsが12月19日より発売開始しますね!予約開始して12時間も経たないうちに出荷が4週間になっちゃいました。

そんなAirPodsですが、デザイン上落下による紛失が気がかり。ということでEarPods用のイヤーカバーを取り寄せて、どの形状が良さげか検証してみました。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

EarPods用イヤーカバー

今回取り寄せてみたのは、『AirPodsがApple storeで予約発売開始!最短お届け日は12月19日!合わせて買っておきたいアイテムまとめ。』でもご紹介したカバータイプフック付きタイプ

では順に見ていきます。

A-Focus Earpods カバー

こちらはイヤホン部に耳の溝にひっかえるストッパーが付いている商品です。

DSC00025.JPG

パッケージ。

DSC00022.JPG装着(内側)

DSC00023.JPG

側面

DSC00024.JPG

装着(外側)

商品を見ての通り、MADE IN CHINAということで超簡素な包装。中身はシリコン製の薄いカバーなので、全く問題ないですが、やや寂しい包装ですね。

商品はこんな感じで、ザ・シリコン!って感じの手触りです。それも相まってグリップ感は結構いい感じ。

実際に装着して見ましたが、耳の溝にしっかりとハマり、首を縦横に振り回してもビクともしませんでした。サイズもジャストフィット、やや埃が目立ちやすいといった気になる点はあるものの、落下防止という観点では合格点です。ランニング時には有線イヤホンは使用しないので未検証ですが、多分ランニングにも問題なく使用できると思います。(汗っかきな人だと流石に外れやすくはなると思いますが)

惜しむらくは、本製品、ブラックとクリアの2種類が3つ入っているんですが、どれも同じサイズです。サイズが合わなかったら全てオジャンになるので、ここはS、M、Lの3サイズ用意して欲しかった。サイズが合う人にはおすすめですね。

Bluevision Apple用イヤホンパッド3個入り

こちらは先ほどご紹介したA-Focusのものにストッパーがないパターンの商品です。

DSC00026.JPG

パッケージDSC00028.JPG

装着(内側)DSC00029.JPG

側面
DSC00030.JPG

装着(外側)

この商品、ぱっと見はわかりませんが、若干表面に凸凹の加工がされており、デザイン的にはA-Focusのものより良い感じです。

実際の装着感ですが、こちらはA-Focusよりはやや劣るといった印象。やはりストッパーがないと首を振ると落ちてしまいそうです。落下防止という点では、やや使うシーンを選ぶかなといった感じ。まぁ裸でEarPodsを使用するより遥かにグリップ力が向上しますので、家用など棲み分けて使うのもありかなと思います。

なお、AirPodsで使用することを考えると、より小さくより薄いモデルの方が、収納ケースにも入る可能性があるので、本製品も選択肢の一つに入れてみてもいいかもしれないですね。

どっちの商品がおすすめ?

個人的にはイヤーカバータイプのA-Focus Earpods カバーがおすすめ。

やはり装着している時、頭を振ってもなかなか落ちないところが良かった。

AirPodsの落下防止を目指したい、という目的に関してはこちらが適していると感じます。

AirPodsでも対応している類似商品が発売した時には是非お試しあれ。(この商品がAirPodsにも使えるかは、AirPodsが届いたら検証してみる予定)



▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼


▼iPhone7 / 7 Plus、Xperia XZをオンラインショップで予約▼
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ


スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280
gadgere.com広告ユニット:336×280

シェアする

フォローお願いします!