iPhone7,iPhone7 Plusの図面リークか?iPhone6sシリーズと比較!

9to5Macより、iPhone7,iPhone7 Plusの図面がリークされています。

iPhone6sシリーズと比較しながら、図面を見ていて気付いた気になる箇所について書き出しておきたいと思います。

スポンサーリンク
gadgere.com広告ユニット:336×280

iPhone7とiPhone7 Plusの図面

iPhone7の図面

iPhone7.png

 iPhone7の図面です。

見た目的にiPhone6sと非常に酷似しています。

サイズ的な比較をしてみましたところ、

  • iPhone6s:138.3×67.1×7.1 (mm)
  • iPhone7:138.3×67.1×7.1 (mm)

上記の通り、厚みが0.1mmだけ厚くなっています。

デザイン及びサイズがほぼ一緒となるため、iPhone7はiPhone6シリーズから外観面で大きな変化はなさそうです。

iPhone7 Plusの図面

iPhone7plus.png

 続いてiPhone7 Plus。

こちらはパッと目につく違いとして、カメラ部分が大型化されている点と、smart connectorらしき端子が気になりますが、全体を見ると、やはりiPhone6sPlusと大した変化はありません。

サイズ比較をすると、

  • iPhone6s Plus:158.2×77.9×7.3 (mm)
  • iPhone7 Plus:158.2×77.9×7.3 (mm)

なんと全く一緒。

iPhone7シリーズは全体を通して外観面での大きな変革はないと思った方がいいかもしれませんね。

しかし気になる箇所も・・・

リークされた図面をよく見ていると気になる点も何点かありました。

謎のボタン

iPhone7 Plus(iPhone7も?)の側面図をよく見ると、片方はマナーモードのスライドスイッチと音量ボタンらしきものがありますが、もう側面には電源ボタンと思われるボタンと、それ以外のボタンがあります。

勝手な予測ですが、iPhoneシリーズになかった側面ボタン式のシャッターボタンかな、と一瞬頭をよぎりました。がどうなんでしょうか。

iPhone7シリーズはカメラ機能を強化しているので、可能性もそこまで低くはなさそう。

iPhone7 Plusの上部にもlighteningコネクタ搭載?

iPhone7 Plusの上部にある上部からの画像をよく見ると、下部の画像と配置がほとんど一緒です。

この画像が間違えでない前提ですが、これが正しいとすると、lighteningコネクタは上下に設置されることになりそうです。

デザイン的にどうなんだと思いますが、iPhone7シリーズは従来から搭載していた、3.5mmオーディオプラグを廃止すると噂になっているため、片方は充電、もう片方はオーディオ接続用の端子になるのかもしれませんね。

(それにしても、その接続方法をしているiPhone7を想像すると、かなり滑稽に感じますので、個人的には微妙に思います)


気になる点がどんどん出てきますね。

続報に期待したいと思います。

via:9to5Mac